プレスリリース

企業名|産業
クレディセゾン金融・保険

クレディセゾン、ポイントを使って実在する企業の株式への投資体験ができる「株式コース」を提供開始

2018/9/4 14:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月4日

株式投資をポイントで気軽に体験。

ポイント運用サービス「株式コース」開始

株価に連動してポイントが増減。実在企業への株式投資を体験できます。

株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:林野 宏、以下:当社)が提供する永久不滅ポイント「ポイント運用サービス」について、ポイントを使って実在する企業の株式への投資体験ができる「株式コース」を、2018年9月4日(火)より提供を開始いたします。

■「ポイント運用サービス」の取り組み

当社は、永久不滅ポイントを使って気軽に投資を体験していただくことで、若年や女性など幅広い層への金融商品に対する興味と関心を喚起し、金融市場全体の健全な発展への寄与を目指してまいりました。これまでも「アクティブ」「バランス」「日本株(TOPIX)」「アメリカ株(VOO)」の4つのコースと「つみたて機能」による長期投資体験のほか、各コースの運用や状況把握を行う画面において、初心者向けの資産形成に関する情報配信やロボットアドバイザーによる投資計画シミュレーションへの連携など、お客様が投資を試し、学び、始めるまでの一連のステップをシームレスにサポートしてまいりました。現在では月間ページビュー数は100万に到達し、利用者は約25万人、運用金額は約11億円となっています。投資を学び、資産形成への第一歩を踏み出すきっかけとなるサービスとして多くのお客様にご利用いただいています。

■「株式コース」開始について

このたび開始する「株式コース」は、ポイントを実在する企業の株価と連動させることで投資体験ができるサービスです。対象となる株式銘柄は、「ポイント運用サービス」をご利用いただいているお客様へのアンケート結果をもとに選定いたしました。アンケートでは日常生活に密着した親しみのある企業の株式に多くのご要望をいただいており、その中でも上位となったカルビー株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、本田技研工業株式会社のご賛同を得て、このたび開始する運びとなりました。

証券投資の中でも株式投資は、一定の資金が必要であることや市場理解が難しいといったイメージにより、投資商品としての興味があっても実際の投資に踏み出せないお客様が多くいらっしゃいます。

ポイントならではの気軽さで、日常生活でも触れる機会が多い親しみのある製品を提供する企業への株式投資の体験を通じて、投資への視野を広げていただくことで、お客様の資産形成をサポートしてまいります。なお、本サービスは株価連動型ポイントサービスで特許を保有する STOCK POINT 株式会社のポイントシステムと連携して提供いたします。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489622_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]