/

日本マイクロソフト、ソーシャルAIチャットボット「りんな」を活用したデジタルマーケティングソリューションを提供開始

発表日:2018年8月30日

ソーシャルAIチャットボット「りんな」を活用した新たなデジタルマーケティングソリューションを提供開始

「Rinna Character Platform」により、独自のAIキャラクターが作成可能に

※参考画像は添付の関連資料を参照

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、マイクロソフトのソーシャルAIチャットボット「りんな」のテクノロジを応用した、新たなAIデジタルマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」の提供を2018年8月30日(木)より開始します。提供にあたり、以下の3社がソリューションパートナーとして参加します。

株式会社カヤック

株式会社電通

株式会社博報堂アイ・スタジオ

(社名五十音順)

「Rinna Character Platform」は、「りんな」のテクノロジを活用した法人向けデジタルマーケティングソリューションです。「りんな」は、ユーザーからの指示を実行する「アシスタント型」のAIと異なり、「女子高生AI」として、ユーザーとの感情のつながりを重視したやりとりを行う点が評価され、2015年の提供開始以来、利用者が約700万人(2018年8月30日現在)までに至っています。今回の「Rinna Character Platform」は、以前より寄せられていた「りんな」の会話エンジンをビジネスに活用したい、というリクエストにお応えするもので、「りんな」のテクノロジを一部応用することで、性別や口調などをカスタマイズした独自のAIキャラクターを新たに作ることができるプラットフォームです。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489129_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489129_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン