プレスリリース

企業名|産業
NEC電機

NECと日本マイクロソフト、「Microsoft365」利用加速で「NEC365」を開発-クラウド領域で戦略的協業

2018/8/30 10:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月30日

NECと日本マイクロソフト、「Microsoft 365」の利用を加速する新サービス「NEC 365」を共同開発

~約300社/100万ユーザの導入実績による新サービス~

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野隆、以下NEC)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野拓也、以下日本マイクロソフト)は、マイクロソフトのクラウドソリューション「Microsoft 365(注1)」導入時に必要なサービスを組み合わせた「NEC 365(注2)」を共同開発し、本日よりNECにて販売活動を開始します。

今回発表の「NEC 365」では、Windows 10やOffice 365(注3)が利用できる「Microsoft 365」に加え、約300社/約100万ユーザのOffice 365導入実績で培ったノウハウをもとに、運用管理者が直面するクラウドサービス特有の課題を解決する、NEC独自の付加価値サービスが提供されます。本サービスは、マイクロソフトのクラウド領域における戦略的協業に基づき、日本マイクロソフトのプレミアサポート(注4)の連携により実現しています。今後は、両社のお客様に対して、共同でマーケティングや提案活動を推進していきます。

2020年1月のWindows 7のサポート提供終了によるWindows 10への移行とともに、昨今の働き方改革の動きと連動し、クラウド型の情報共有基盤としてOffice 365を導入する企業が増加しています。また、Office 365ユーザ企業ではMicrosoft Teams(注5)などの新しいサービスの導入検討も加速しています。一方、クラウドサービスは、利用状況の把握や更新される機能への対応など、情報システム部門において、オンプレミスとは異なる管理が必要となります。

Windows 10デバイスからクラウドサービスまでをトータルに提供可能なNECは、「NEC 365」の提供により、「Microsoft 365」のより安全でスムーズな導入・利用・運用を実現します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■主な特長

1.「Microsoft 365」の導入から運用、定着化までの課題を解決する各種サービス

 「Microsoft 365」に、NECが独自に培った付加価値の高いサービスを組み合わせ、業界に先駆けたサービスとして提供します。

 「Microsoft 365」をスムーズに導入、利用、運用、保守していくために必要な機能を、5カテゴリ(「導入」「運用」「セキュリティ」「利活用促進」「利便性向上」)、15サービスとして提供し、「Microsoft 365」を採用されたお客様の情報システム部門やエンドユーザが直面するクラウドサービス特有の課題を解決します。

2.豊富な導入ノウハウを活かした「運用」「セキュリティ」関連サービス

 約300社/約100万ユーザIDのOffice 365導入、5,000社の運用サービスなどの実績を持つNECならではの「運用代行」サービスを開発しました。本サービスにより、更新頻度の高い「Microsoft 365」の機能やサービスの更新情報を、日本マイクロソフトと連携したNECがタイムリーに把握・影響範囲を整理し、情報レポートをお客様へ提供、パッチの最新化やライセンスの管理などを行います。

 また「ファイル暗号化サービス」は、「Microsoft 365」では暗号化できないテキスト(txt、xml)、CADなどの様々な形式のファイルや、クラウドストレージ「OneDrive for Business」内のファイルも自動的に暗号化できます。

 さらに「ヘルプデスクサービス」は、Office 365の操作方法や障害時の原因調査などに加え、「Microsoft 365」に含まれる「Windows 10 Enterprise」の導入や利用促進も支援します。専用Webサイトや電話で24時間365日での問い合わせが可能です。

3.日本マイクロソフトによるサービス開発およびサポート体制の支援

 「NEC 365」で提供される各サービスは、日本マイクロソフトのプレミアサポートの技術者向け、教育サービス・問い合わせ対応・最新情報提供サービスなどの支援を受けた開発・サポート体制のもと、提供されています。また、両社のお客様に対して、共同で「NEC 365」の提案活動を行います。

以上

【別紙】「NEC 365」が提供する15のサービス内容

https://jpn.nec.com/press/201808/images/3001-01-01.pdf

(注1)Microsoft 365は、創造力とチームワークを高め、個人と組織のパフォーマンスを最大化して活躍する働き方を、安心・安全な環境で支援するインテリジェントな統合ソリューション。最新の統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」、最新オペレーティングシステム「Windows 10」、IDベースのセキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」が含まれます。

(注2)NEC 365は、マイクロソフトのMicrosoft 365に対して、NEC独自の付加価値をのせる形で提供する、NECのサービスの名称です。

(注3)Office 365は、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス。Officeをはじめ、メールやストレージなど、ビジネスに必要な機能がクラウド経由で提供される。

(注4)プレミアサポートは、日本マイクロソフトの最上位の企業向けサポートプログラム。

(注5)Microsoft Teamsは、Office 365に含まれるチャットベースのワークスペース。

※Microsoft、Office 365、Windows、OneDrive、Skypeは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

※Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。

※Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。

※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489080_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]