プレスリリース

企業名|産業
中部電力素材・エネルギー

中部電力、空調機や電気式給湯機など家電ごとの電力使用割合を見える化するサービスを開始

2018/8/29 15:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月29日

家電ごとの電力使用割合を見える化するサービスを開始します

~計測器を設置することなく、省エネのヒントが分かります~

当社は、9月2日から、WEBサービス「カテエネ」上で、計測器を設置することなく空調機や電気式給湯機などの家電ごとの電力使用割合を見える化するサービス(以下、本サービス)を電力会社で初めて開始します。

本サービスは、当社が独自に開発した算出手法をもとに、スマートメーターから得られた実際の電気使用データや、お客さまごとの家電の設置状況、気温、日の出・日の入時間などを用いて、家電ごとの電力使用割合や概算の電気料金を算出するもので、これにより、お客さまが省エネに取り組んでいただく際のヒントをご提供します。

また、本サービスは当社と電気のご契約があり、かつ、スマートメーターが設置されているお客さまを対象とした無償のサービスです。

サービス開始にあたっては、カテエネにご登録いただき、お客さまにてご家族の人数や家電の設置状況などを入力いただくのみでご利用いただけます。

なお、当社は本サービスの開始にあたり、家電ごとの電力使用量を算出する手法について特許を出願しております。

今後、太陽光発電設備の設置有無を分析要素に加えることで、太陽光発電設備をお持ちのご家庭の自家消費分を反映した、より実態に合ったサービスが提供できるよう、2018年度中に機能拡充を行っていく予定です。

当社は、引き続き、ICTやIoTなどの先端技術を活用しながら、お客さまがより快適・便利・安心できる暮らしの実現に向けた様々なサービスの提供に努めてまいります。

【参考】

WEBサービス「カテエネ」ホームページ

https://katene.chuden.jp/index.html

・別紙

家電ごとの電力使用割合を見える化するサービスについて

※別紙は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489012_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]