プレスリリース

日立システムズとセキュアブレイン、エージェントレス型ウイルス対策製品と監視を組み合わせたサービスを提供開始

2018/8/29 11:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月29日

最新型ウイルスへの対策として、導入負荷の低いエージェントレス型製品

「Symantec EDR Cloud」と監視を組み合わせたサービスを提供開始

専門のIT技術者がいない企業や製品の導入・管理に手間のかけられない企業のセキュリティ対策を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)とグループ会社の株式会社セキュアブレイン(代表取締役社長 兼 CEO:青山 健一、本社:東京都千代田区/以下、セキュアブレイン)は、最新型ウイルスへの対策として、株式会社シマンテックのエージェントレス型ウイルス対策製品「Symantec EDR Cloud」とセキュリティアナリストによる監視を組み合わせたサービスを、主に社内に専門のIT技術者がいない企業やセキュリティ対策の導入・管理に手間をかけられない企業などに向けて、10月1日から提供開始します。

企業から情報を不正入手したり、システムを破壊したりすることを目的としてPCに仕掛けられるウイルスは、高度化・巧妙化が進み、これまでのウイルス対策(リストと照合してウイルスを検知する方式など)だけでは防御することが難しくなってきています。こうした中で、ウイルスに侵入されることを前提に、PCのログや挙動を分析して侵入したウイルスを検知、追跡するEDR(Endpoint Detection and Response)という技術により、被害の最小化を図る製品に注目が集まっています。しかし、新たにEDR製品を導入する場合、EDRに精通した専門のセキュリティ技術者を確保するのが困難なほか、既存のウイルス対策ソフトウェアとの影響調査(干渉や誤検知の有無)やコストの負担が大きく、導入を見合わせる企業も多いのが実態です。

こうした背景を踏まえ、日立システムズとセキュアブレインは、エージェントレス型EDR製品「Symantec EDR Cloud」と、セキュリティアナリストによる監視を組み合わせたサービスを提供開始します。

「Symantec EDR Cloud」は、PCの情報を定期的に収集し、人工知能や機械学習を活用した分析により不正に侵入したウイルスの挙動を検知し、侵入経路や影響範囲の特定を支援するものです。また、分析された情報をセキュリティアナリストが監視し、問題があれば通知するサービスを合わせて提供するため、専門のIT技術者がいない企業やセキュリティ対策の導入や管理に手間をかけられない企業に特に効果的です。

本サービスの特長は、一般的なEDR製品とは異なり、PCへのソフトウェア導入が不要なエージェントレス型であるため、PCへのソフトウェア導入作業や管理などの手間がかからない点です。また、製品と併せて提供する監視サービスは、豊富なサイバー攻撃の分析実績をもつセキュアブレインのセキュリティアナリストが行い、問題を検知した場合は管理者の方に分かりやすい形で報告します。価格面では、500ライセンスから導入が可能で、端末数が少ない企業でも導入しやすい価格形態で提供します。

本サービスの導入により、標的型サイバー攻撃や未知のウイルスなどにより社内システムに不正侵入された際の被害拡大を抑えるとともに、再発防止策の立案・実行を迅速に行えるようになります。

さらに、日立システムズが従来から提供している「SHIELDセキュリティ統合監視サービス」と組み合わせることで、発生した問題の詳細分析、復旧ならびにITシステム全体に対するセキュリティインシデントの解決も支援することが可能です。

今後、日立システムズとセキュアブレインは、幅広い業種・規模の企業・団体向けに本サービスならびにセキュリティソリューション「SHIELD」を積極的に展開し、ネットワーク・セキュリティ関連事業で、2020年度年間売上600億円をめざします。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488954_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]