2019年5月27日(月)

プレスリリース

企業名|産業
長瀬産業商社・サービス

長瀬産業、米国で3Dプリンター向け材料開発・製造の合弁会社を設立

2018/8/28 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月28日

米国で3Dプリンター向け材料開発・製造の合弁会社を設立

~欧米での市場開拓の拠点に年度内に水溶性サポート材の販売開始~

長瀬産業株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:朝倉 研二、以下「長瀬産業」)の100%子会社であるNagase America Corporation(本社:米国ニューヨーク州、以下「ナガセアメリカ」)は、スペシャリティケミカルや特殊樹脂等の開発に強みを持つInterfacial Consultants LLC(本社:米国ウィスコンシン州、以下「IFC社」)との間で、合弁会社 Infinite Material Solutions LLC(以下、合弁会社)を設立しましたのでお知らせいたします。

合弁会社では、産業用途に飛躍的な成長が見込まれる3Dプリンター向け特殊材料の開発・製造を行います。すでに、3Dプリンターの主流の一つであるFDM(熱溶解積層)方式の3D印刷に向けた水溶性サポート材フィラメントの製品化を進めています。本サポート材は、ABS樹脂などの汎用エンジニアリングプラスチック(以下、エンプラ)だけでなく、より機械特性・耐熱性などに優れたPEI樹脂やPEEK樹脂などのスーパーエンプラにも対応した業界初の水溶性サポート材(*)で、2019年初めの販売開始を予定しています。水溶性サポート材は、非溶解性に比べて微細なデザインを造形でき、除去作業の時間・労力・コストを大幅に削減できる利点があります。

超エンプラを原料とする3D印刷は、自動車や航空宇宙産業、医療機器等向けの需要増により市場規模が今後5年で約10倍になると見込まれており(IDTechEX 社調べ)、合弁会社ではFDM方式以外の3D印刷向けにもサポート材の開発を進めてまいります。

ナガセアメリカは、合弁会社が開発・製造した高付加価値製品を、世界の3Dプリンター市場の約40%(同社調べ)を占める欧米市場において先行的に販売する方針です。

(*IFC社の特許技術)

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488859_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報