プレスリリース

東大、水素社会実現に向けた連続フロー合成法を開発

2018/8/29 0:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月29日

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

1.発表者:

小林 修(東京大学大学院理学系研究科化学専攻 教授)

2.発表のポイント:

◆芳香環類の水素化反応は、水素の貯蔵・輸送及び、ファインケミカルズ(医薬品・化成品・農薬などの精密化学品)の製造にも適用可能な重要な反応である。今回、本反応の為の新たな触媒を開発した。

◆本触媒系は連続フロー法に適用可能であり、50日間以上の連続運転にも耐えた。更に従来のバッチ法と比較を行ったところ、最大で27倍の触媒回転数で効率的に反応が進行する事が明らかとなった。

◆水素化されうる複数の官能基を有する複雑な化合物に対しても、望みの官能基のみ還元できることを見出し、実際に医薬品原体の合成も行った。本系は、高効率的な有用物質供給に新たな手法を提供できると期待される。

3.発表概要:

ベンゼンなどの芳香環類の水素化反応は、水素貯蔵・輸送に応用可能で、医薬品および生理活性物質などの機能性分子の合成にとっても重要な反応である。東京大学大学院理学系研究科の小林 修教授らの研究グループは、安価な有機―無機ハイブリッド担体を用いた、不均一ロジウム-白金二元金属ナノ粒子触媒を開発し、芳香環類の水素化反応に適用した。この触媒は、温和な条件下で機能し、バッチ法(注1)および連続フロー法(注2)の両方で、幅広い種類の基質に対して使用可能であった。連続フロー法では、触媒を充填したカラムに、基質と常圧水素を流すことによって生成物を得ることができ、従来のバッチ法よりもはるかに高い触媒性能(最大で27倍)が観察され、また非常に強い耐久性が実証された(>50日間連続運転、触媒回転数30万以上)。さらに、詳細な反応機構の検討から得られた知見を応用して、2つの芳香環を含む化合物の医薬成分の合成への選択的水素化を開発した。これらの成果は高効率的な有用物質供給に新たな手法を提供できると言える。

本研究成果は、アメリカの化学雑誌「Journal of the American Chemical Society」のオンライン速報版で日本時間8月29日午前0時に公開される。本研究は、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業 先導的物質変換領域(ACT-C)の一環として行われた。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488710_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]