2019年2月19日(火)

プレスリリース

シルバーエッグ・テクノロジー、AI技術を用いた見込み顧客可視化ツール「プロスペクター」を発売

2018/8/23 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月23日

シルバーエッグ・テクノロジー、新サービス『プロスペクター』の販売を開始~見込み顧客を可視化するAIマーケティングツール

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下 シルバーエッグ社)は、人工知能(AI)技術を用いた新しい見込み顧客可視化ツール『プロスペクター』の販売を開始します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

■サービス概要

『プロスペクター』は、購買履歴などの行動データを取り込み、独自のAIが特定商品に対して好感を持ちそうなユーザーを分析します。商品とのマッチ度の高い見込み顧客(プロスペクト)のランキングを生成し、従来の「年齢」「性別」といったセグメント分析とは異なる、ユーザー個人の嗜好に基づくターゲティングを実現します。

『プロスペクター』はSaaS形式で提供され、システム構築の手間なくすぐに利用できます。メール配信機能と開封・クリック数レポート機能を備えており、ユーザーの分析からプロモーションの実行、評価までを一貫して提供します。

■開発の目的

商品を知ってもらうためのアウトバウンド広告は、SNSが定着し消費者主体の時代となったといわれる現在も欠かせないマーケティングツールです。しかし、不特定多数に送信する広告はコストがかさむだけでなく、「好みに合わない商品広告」を押し付けられる顧客にとっては、逆にブランドへの不信感や離反を生み出す原因となっていました。

シルバーエッグ社の『プロスペクター』は、レコメンドエンジンで精度を実証した独自の行動分析AI技術を発展的に活用し、アウトバウンド広告のエリアでの高精度パーソナライゼーションを実現しました。販売者はプッシュしたい商品を、任意の手法で見込み顧客だけに届けることが可能となり、消費者の「広告離れ」を低減できます。

『プロスペクター』はファッションやコンテンツ産業は言うに及ばず、多くの業界で見られるユーザーの嗜好の細分化に対応します。新製品のプロモーションや売上鈍化の見られる在庫品の訴求、また、商品の潜在的な"ファン"の可視化といった分析用途にも効果を発揮します。

シルバーエッグ社では、今後もAI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの提供を通じて、多様なマーケティング施策の効果向上を支援するとともに、あらゆるチャネルとデバイス上での、パーソナライゼーションによる付加価値向上を実現してまいります。

■シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 会社概要

・社名:シルバーエッグ・テクノロジー株式会社

・代表者:代表取締役社長&CEO トーマス・フォーリー

・所在地:

 <大阪本社>

  大阪府吹田市江坂町1-23-43 ファサード江坂ビル10F

 <東京オフィス>

  東京都千代田区永田町2-13-1 オカムラ赤坂ビル7F

・設立:1998年8月26日

・資本金:268百万円(2018年2月28日現在)

・URL: https://www.silveregg.co.jp/

・事業内容:AI(人工知能)技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488490_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報