2019年8月18日(日)

プレスリリース

企業名|産業
パナソニック電機

JOLED、パナソニック・プロダクションエンジニアリングなどとテレビ向けディスプレイ製造設備事業で業務提携

2018/8/23 12:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月23日

JOLED、パナソニック プロダクションエンジニアリング、SCREENファインテックソリューションズ、テレビ向けの印刷方式大型有機ELディスプレイ製造設備の販売・サービスに関する業務提携契約を締結

有機ELディスプレイを開発・製造・販売する株式会社JOLED(ジェイオーレッド、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石橋 義)、生産設備の開発設計を行うパナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:柳本 努)、ディスプレイ製造工程で使われる各種装置と関連サービスを提供する株式会社SCREENファインテックソリューションズ(本社:京都府京都市、代表取締役 社長執行役員:廣江 敏朗)の3社は、主にテレビ向けを想定した、印刷方式による大型有機ELディスプレイ製造のための印刷設備の開発・製造・販売・サービスに関する、業務提携契約を締結しました。

JOLEDは、大型テレビ向け有機ELディスプレイ製造を目指すメーカー等に向けて、印刷方式の製造技術を提供する「技術ライセンス」を推進していきます。そのなかで、顧客向けの印刷設備の開発・製造・販売・サービスにおいて、3社は共同でビジネスを展開していきます。3社は、効率的な生産を可能とする印刷方式を広く普及させるとともに、拡大を続ける有機ELテレビ市場の成長を取り込んで自社の成長と事業の拡大につなげるべく、早期事業化を目指して精力的に取り組んでまいります。

有機ELディスプレイは、高コントラストでソースに忠実な色再現性や高速応答性など、自発光型ならではの高い画質特性を有し、さらに、薄型・軽量で低消費電力を両立するなどの長所を併せ持つことから、近年、大型テレビやスマートフォンでの採用が広がりつつあります。プラスチック基板を利用したフレキシブル化や更なる薄型・軽量化で、車載向けなどの新たな用途も期待されており、次世代ディスプレイとして注目が高まっています。

有機ELディスプレイの製造方法のひとつである「印刷方式」は、有機EL材料を印刷により塗布・形成する技術で、既存の「蒸着方式」に比べて生産工程がシンプルであることから、特に大型ディスプレイの製造において、材料利用効率や設備投資の面で大きなメリットがあると期待されています。2006年頃より、パナソニック株式会社の生産技術本部と有機ELディスプレイ開発部門が連携して「印刷方式」有機ELディスプレイの開発を進め、2015年のJOLED設立以降は、JOLEDとパナソニック プロダクションエンジニアリングが共同で印刷設備の開発を続けるとともに、JOLEDがプロセス等を含めて量産技術を確立。現在、パイロットラインで製造する21.6型4K有機ELディスプレイを、医療用モニターやハイエンドモニター向けに出荷しています。

「技術ライセンス」を展開するにあたり、JOLEDは印刷方式有機ELディスプレイ製造技術の提供や、技術導入のサポートなどを行います。パナソニック プロダクションエンジニアリングは、パナソニックグループのモノづくりを支えてきた生産設備の設計・開発や立上支援の経験と、JOLEDとの印刷設備の共同開発経験を生かし、顧客ニーズに合わせた印刷設備の設計・開発を担います。SCREENファインテックソリューションズは、ディスプレイ製造工程で使われる各種装置及びそれらに対するサービスを国内外で提供している経験とネットワークを生かし、パナソニック プロダクションエンジニアリングからのライセンスのもと、印刷設備の製造を行うほか、販売・メンテナンスなどのサービスをJOLEDと共に展開していきます。

3社は、互いの技術や知見を持ち寄ることで、顧客への充実した技術導入支援体制を構築し、早期事業化を目指して精力的に取り組んでまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488418_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。