プレスリリース

リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ、米8i社の3Dホログラム生成ソリューションを日本国内で提供開始

2018/8/22 10:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月22日

VR・AR・MRで活用できる米8i社の3Dホログラム生成ソリューションを日本国内で提供開始

~まるで同じ空間に人がいるかのような体験を安価かつスピーディーに実現~

ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒谷 正人、以下「リアライズ・モバイル」)は、ホログラム技術の世界的リーダーである8i(本社:カルフォルニア州、ロサンゼルス、CEO:スティーブ レイモンド、以下「8i社」 http://8i.com/ )と業務提携し、8i社の3Dホログラム(volumetric video)生成ソリューションを、日本国内で独占的に販売することに合意しましたのでお知らせします。

近年普及しつつあるVR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)技術において、3D空間上に人物などのオブジェクトを立体的かつリアルに表現するには、高額なコストや多くの開発時間がかかるという課題があります。このたびリアライズ・モバイルが販売を開始する8i社のホログラム生成ソリューションは、3D空間上に表現できるリアルなホログラムを、安価かつスピーディに生成することができ、この課題に対する解決方法のひとつとなり得ます。このソリューションにより、さまざまなクリエーターやコンテンツホルダーが、自社サービスにホログラムを簡単に組み入れることができ、臨場感にあふれた3D体験ができる世界がより身近になります。

■特長

・撮影した素材を瞬時(※)にホログラムに合成します。

・3Dコンテンツの作成費用を大幅に削減可能です。

・ホログラムは複数台・複数アングルで撮影した映像を合成して、真の立体映像として作成します。

・UnityまたはUnrealなどで再生可能で、VR・AR・MRのどの領域でも活用が可能です。

・撮影機器や開発者向けツールにより、簡単にコンテンツ開発ができます。

・ファイルは独自の圧縮処理により、さまざまなデバイスに最適な解像度で再生・配信できます。

・ヘッドセットデバイスに加え、近年急速に普及しているAR技術「ARKit(iOS)」「ARCore(Android)」にも対応しているため、スマートフォンでもホログラムを活用したさまざまなアプリケーションを簡単に作成することが可能です。

(※)長時間の動画の場合、合成に数時間かかる場合があります。

■提供サービス

1.撮影機器の販売

 オートキャリブレーションなどの自動調整システムを備えています。専門的な技術やノウハウは不要です。

2.ホログラム生成クラウドの提供

 複数アングルで撮影された動画データをクラウド上で専用ホログラムファイルに合成し、Unityなどで利用可能な単一ファイルとして納品します。

3.開発者向けツールの提供

UnityまたはUnreal向けのプラグインやiOS、Androidに対応したSDKを提供します。

4.ホログラム再生アプリケーションの開発

VRデバイス、スマートフォン、ブラウザに対応した、ホログラムを簡単に再生できるアプリケーションを提供します。個別カスタマイズも対応可能です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488277_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]