2018年12月16日(日)

プレスリリース

企業名|産業
鴻池運輸輸送・レジャー

鴻池運輸、国際航空貨物フォワーディング事業の香港BEL社の発行済み株式100%取得(完全子会社化)を決議

2018/8/10 15:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月10日

「BEL INTERNATIONAL LOGISTICS LTD.」の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、香港の国際航空貨物フォワーディング事業会社である「BELINTERNATIONAL LOGISTICS LTD.」(以下「BEL社」という)の発行済み株式の100%を取得し完全子会社化することについて決議致しましたのでお知らせ致します。

1.株式取得の理由

1)背景

当社は、成長戦略の1つであるグローバル展開の一環として、中国・アジア・欧米を中心とした国際航空輸送事業の強化を図るべく、平成27年4月に香港を本社とするBEL社の株式30%を取得し、当社との提携による事業拡大に取り組んでまいりました。同社が得意とする香港・中国発の航空輸送サービス、欧米ネットワークを活用し、電子・自動車部品、家電商品などの輸送取扱を拡大してまいりました。

BEL社は、欧州向けの輸送実績で多くの航空会社からTop Agentに選定されるなど高い評価を受けており、近年は欧州に加え、中東・インド・北米を重点4地域とする戦略により、この3年間で航空貨物取扱は7割増加、特に、越境EC貨物、電子部品、VR玩具等航空需要の高い貨物の取込を強化しています。

そのような状況下、海外に進出している日系企業のみならず、非日系企業との取引拡大を図るため、BEL社との関係を更に押し進め、100%出資の完全子会社とすることを決定致しました。AI家電や越境EC貨物の輸出の増加、中国一帯一路構想による欧州やアジア周辺国との貿易拡大等、今後も香港・中国からの航空貨物需要は堅調に推移していく見通しです。BEL社を非日系企業向け営業の中核会社と位置づけ、当社が日本で培ってきたロジスティクスサービスと融合させ、香港・中国市場での総合物流サービスの事業拡充を目指します。

2)BEL社について

BEL社は1978年香港創業、今年設立40周年を迎え、特に欧州向けの航空貨物事業では高い評価を得ております。香港本社の傘下に倉庫・ロジスティクス子会社(香港)、上海法人(分公司または事務所:大連、天津、青島、臨沂、寧波、厦門、広州、深セン)、ベトナム法人(ホーチミン、ハノイ)と、計13拠点を保有しています。近年は、中東インド向けの開拓、華僑工場のアジアシフトに対応したベトナム法人の事業強化、越境EC貨物の取扱、ワイン・食品・高級アパレルの輸入流通加工等、事業の領域を広げており、更に当社グループ各社と連携し、事業拡大を目指すこととなります。

3)期待される効果

今回の完全子会社化により、現地の非日系企業や外資系企業に対しても、当社のロジスティクス事業を融合させた国際一貫物流サービスを積極的に提案し、取引拡大を図ります。得意とする航空輸送に加え、欧州ネットワークを活用した中国と欧州を結ぶ鉄道一貫輸送、香港の流通加工センターとフォワーディング事業を組合せた消費材物流の拡充、当社米国・メキシコ法人との連携による中国・アジアからの自動車関連部品の一貫輸送等、両社の相乗効果が期待出来、当社の中長期的成長、企業価値の向上に繋がると考えております。

さらに、現地トップ主導による現地化経営を推進し、日系・非日系顧客双方の営業強化と業務の効率化を目指し、当社グループの総合力を生かした一層の顧客サービス向上に努めてまいる所存です。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487678_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報