プレスリリース

帝国データバンク、クラフトビールメーカー141社の経営実態調査結果を発表

2018/8/8 15:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月8日

特別企画:クラフトビールメーカー141社の経営実態調査

クラフトビールメーカー、6割が増収

~主業メーカーの企業数、トップは北海道、2位は静岡~

■はじめに

近年、クラフトビール(小規模なビール醸造所で製造される地ビール)が広く普及し、多くの人が様々な場所で楽しむものとなっている。

90年代半ばの第1次ブームに続く第2次ブームだが、大手も参入、決して一過性のものではなくそれぞれのメーカーの特徴や強みを生かして市場に定着していくものと思われる。

帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)から、業績が判明しているクラフトビールメーカー141社を抽出。クラフトビール製造を「主業」として手がける54社と、本業は別にあるが、ビール製造も行う「従業」87社について、業歴、売上規模、従業員規模、資本金、従業メーカーの本業、地域、都道府県、売上高と利益の動向について、調査・分析した。

前回調査は2016年9月1日。

■調査結果(要旨)

1.クラフトビール製造を「主業」とするメーカーは54社あった。そのうちの9割は売上高10億円未満で、7割が従業員10人に満たない。小規模な事業者が中心となっている

2.本業は別にあり、クラフトビール製造も手がける「従業」メーカー87社中、本業としてもっとも多いのは「清酒製造」の13社(構成比14.9%)。次いで「西洋料理店」や「酒場、ビヤホール」などの飲食店だった

3.「地域」別では「関東」、「中部」、「近畿」の三大都市圏が全体の半分以上を占めたが、「都道府県」別では主業メーカー54社中、「北海道」が8社、構成比14.8%を占めてトップ。第2位は「静岡県」で、第3位は「東京都」。

4.前期と比較可能な52社中、「増収」が31社と約6割の企業が売り上げを伸ばした。反面、税引き後利益では前期との比較が可能な29社のうち、「改善」が14社に対して「悪化」が12と拮抗。悪化の要因としてもっとも大きいのは人件費の上昇であった

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487445_03.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487445_04.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]