2019年3月19日(火)

プレスリリース

バンダイナムコアミューズメントなど、テーマパーク「J-WORLD TOKYO」に人工知能接客システムを導入

2018/7/20 11:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月20日

インバウンドのお客さまへのサービスに対応

「J-WORLD TOKYO」に人工知能接客システムを導入

株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区/社長:萩原仁)と株式会社ティファナ・ドットコム(本社:東京都目黒区/社長:藤井亮)は、"ジャンプ"作品の世界観で遊べるテーマパーク「J-WORLD TOKYO」(東京・池袋)で、お客さまの利便性向上を目的に、人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」を活用したパーク内のご案内サービスを開始しました。

*参考画像は添付の関連資料を参照

株式会社バンダイナムコアミューズメントが運営する「J-WORLD TOKYO」は、2018年7月に開園5周年を迎え、"ジャンプ"作品をテーマにしたアトラクションやフォトスポット、コラボフードなどを通じて"作品の世界観に触れることができるテーマパーク"として、多くのお客さまで賑わっています。

パークエントランス等に設置された人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」は、お客さまからのお問い合わせに音声やテキスト、画像で対応。アトラクションやグッズ、フードの紹介はもちろん、パーク内の各施設の場所なども即時にご案内します。外国人のお客さまも入園者全体の約15%ご来園いただいていることから、4ヶ国語(日本語/英語/中文/韓国語)での案内が可能な「AIさくらさん」を導入いたしました。接客等の業務を人に代わりAIが行うことで、業務効率化だけではなく、お客さまから質問された内容等のデータを活用し、さらなるサービスの向上に努めます。

株式会社ティファナ・ドットコムは、「AIさくらさん」を提供することで、企業の業務改善を目的に、より一層付加価値の高いAI技術の開発を行っていきます。

※ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

※株式会社ナムコと株式会社バンダイナムコエンターテインメントのアミューズメント機器事業部門は2018年4月1日より株式会社バンダイナムコアミューズメントとしてスタートしました。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485724_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報