2019年2月18日(月)

プレスリリース

富士フイルム、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」を発売

2018/7/19 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月19日

小型・軽量ボディに、「Xシリーズ」のミラーレスデジタルカメラと同じセンサーサイズ(※1)を採用

独自の色再現技術、快適な操作性を実現するボタン・ダイヤル配置などにより、気軽に高画質撮影を楽しめる!

プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」

広角18.5mm(35mm判換算:28mm相当)のフジノンレンズを搭載し、スナップ撮影から風景撮影まで幅広く対応

●新発売●

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデルとして、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」(以下、「XF10」)を2018年8月23日より発売します。「XF10」は、約280g(※2)の小型・軽量ボディに、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T100」などで採用している、2,424万画素の大型APS-Cサイズセンサーを搭載。高い操作性も備えており、気軽に高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

*製品画像は添付の関連資料を参照

「XF10」は、撮影の基本操作を簡単に行えるようにボタン・ダイヤルを配置。背面液晶モニターには、直感的な操作が可能なタッチパネルを採用し、シンプルで快適な操作性を実現します。また、明るい開放F値2.8、焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)の広角フジノンレンズを搭載しており、日常のスナップ撮影や旅先での風景撮影に最適です。

「XF10」は、Bluetooth(R)(※3)対応によりスマートフォンやタブレット端末との常時接続を実現。撮影した画像を簡単・即時に自動転送することができ、SNSを通じてお気に入りの写真をその場でシェアできます。さらに、Instagram(※4)などで親しまれているスクエアフォーマット(縦横比1:1)での撮影も可能。背面液晶モニターでのフリック動作でスクエアフォーマットへ切り替えられる「スクエアモード」を新搭載するなど、快適に多彩な写真表現をお楽しみいただけます。また、4K動画撮影をはじめとする充実の撮影機能で、静止画撮影のみならず動画撮影にも最適です。

※1 当社ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T100」などで採用しているAPS-Cサイズセンサー。

※2 付属バッテリーとメモリーカードを含む。

※3 Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、富士フイルム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

※4 Instagramは、Instagram, Inc.の商標または登録商標です。

<「XF10」の主な特長>

(1)小型・軽量ボディに大型APS-Cサイズセンサーと独自の色再現技術を搭載し、高画質を実現

・約280g(※2)の小型・軽量ボディに、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T100」などで採用している、2,424万画素のAPS-Cサイズセンサーを搭載。大型センサーならではの高い解像度による高精細な描写や、広いダイナミックレンジを活かした豊かな階調表現を実現します。独自の色再現技術などとの組み合わせで、高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

(2)シンプルで快適な操作性、高級感のあるボディデザインで、撮影する楽しみを拡大

・撮影の基本操作を簡単に行えるようにボタン・ダイヤルを配置。背面液晶モニターにはタッチパネルを採用し、スマートフォンやタブレットと同様、直感的な操作が可能であるため、シンプルで快適な操作性を実現します。

・ボディカラーには、シャンパンゴールドとブラックを採用した2機種を用意。使いやすさのみならず、高級感のあるボディデザインとし、撮影する楽しみを広げます。

(3)広角18.5mm(35mm判換算:28mm相当)のフジノンレンズを搭載し、さまざまな撮影シーンに対応

・明るい開放F値2.8、焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)の広角フジノンレンズを搭載。日常のスナップ撮影や旅先での風景撮影などに最適です。また、レンズ先端から10cmまでの接写も可能で、料理や小物の撮影にも適しています。

・「デジタルテレコンバーター」機能を使用することで、焦点距離35mm、50mm相当(35mm判換算)を選択可能。さまざまなフレーミングで撮影をお楽しみいただけます。

(4)InstagramなどSNSとの連携強化と多彩な写真表現を実現

・Bluetooth(R) low energy技術により、スマートフォン・タブレット端末向けアプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」(無料)を介して、事前にペアリング登録した端末に簡単・即時に画像を自動転送することが可能。SNSを通じてお気に入りの写真をその場でシェアできます。

・Instagramなどで親しまれているスクエアフォーマット(縦横比1:1)での撮影も可能。背面液晶モニターでのフリック動作でスクエアフォーマットへ切り替えられる「スクエアモード」を新たに搭載しました。また、全11種類の「フィルムシミュレーション」と、新たな「リッチ&ファイン」「モノクロ(近赤外風)」を加えた全19種類の「アドバンストフィルター」で、多彩な写真表現をお楽しみいただけます。

*以下は添付リリースを参照

■本件に関するお問い合わせ

お客様

富士フイルムFinePixサポートセンター

TEL:050-3786-1060

富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/

「Xシリーズ」 公式Facebookページ http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485636_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485636_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報