/

早大とCTC、学術交流協定を締結

発表日:2018年7月19日

早大とCTC学術交流協定を締結

データサイエンス分野における包括的連携協力による人材育成を促進

学校法人早稲田大学(理事長:鎌田 薫、所在:東京都新宿区)と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、2018年7月6日付けで学術交流協定を締結しました。この協定は、ビジネス現場において不足している統計的な思考力により課題を解決する"データサイエンス"力の高い人材を育成するため、大学の教育研究活動及び産学連携による共同研究の促進を目的としています。

昨今のビッグデータ、IoT、AIの発展に伴い、膨大なデータを保有しているものの有効に活用しきれていない企業は多く、データサイエンス分野の人材育成が急務となっています。本提携により、早稲田大学とCTCは実ビジネスに近い実践的なデータをセキュアなプラットフォーム上で分析できる環境を理工系・人文社会科学系専門領域の学生および研究者に提供します。

早稲田大学データ科学総合研究教育センターがその中心となり、CTCは早稲田大学と協力して企業におけるデータ分析やAI開発を促進し、データサイエンス活用の裾野を広げるための相互支援を行っていきます。その一環としてCTCは早稲田大学が主催する「enPiT-Pro スマートエスイー」(※1)への社員派遣も実施しています。

■早稲田大学データ科学総合研究教育センターについて

2017年12月に設立。本センターは、理工系・人文社会科学系の専門領域とデータ科学との知見の融合を図るプラットフォームを提供することで、総合知の創造とグローバル社会の問題解決を担う人材の育成及び、大学の研究力向上を目指しています。

https://www.waseda.jp/inst/cds/

■伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称 CTC)について

通信、放送、製造、金融、流通・小売、公共・公益、ライフサイエンス、科学・工学等の全ての分野で、お客様のパートナーとなるシステムインテグレータです。先進的なITベンダーとのリレーションによる確かな技術力と充実したサポート体制でデータ分析ソリューションやクラウドサービスをお客様の状況に応じて組み合わせ、コンサルティングから設計、開発・構築、運用・保守サポートに至る総合的なITサービスを提供します。

http://www.ctc-g.co.jp

※1 「スマートエスイー」は文部科学省平成29年度「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」enPiT-Proに早稲田大学が代表校として申請し採択された社会人教育事業です。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

以上

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン