2019年7月24日(水)

プレスリリース

STマイクロ、IoT機器を開発するための開発パッケージ「STM32 Discovery Pack」を提供

2018/7/18 13:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月18日

STマイクロエレクトロニクス、

IoT機器のセルラー通信によるクラウド接続を簡単に実現する

STM32 Discovery Packを提供

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、セルラー通信機能を持ったIoT機器を開発するための開発パッケージ「STM32(*)Discovery Pack」が、販売代理店経由で入手可能になったことを発表しました。この開発パッケージは、2018年初旬に開催されたEmbedded WorldおよびIoT Asiaに出展されました。

この開発パッケージには2種類あり、いずれもSTM32L496マイコン搭載開発ボードとSTMod+セルラー拡張ボード(Quectel社製モデム、EMnify社のプロファイルを内蔵する2G/3G通信用eSIM、および他の通信事業者を利用するためのmicroSIMソケットを搭載)が含まれています。また、この開発パッケージには、2G/3Gネットワーク通信用のP-L496G-CELL01と、3GPP LTE Cat M1/NB-IoTリリース13に対応したP-L496G-CELL02が用意されています。

この開発パッケージにより、STM32マイコンを搭載した機器に、最新のLTE Cat M1/NB-IoTまたは2G/3Gの通信機能を簡単に実装することができます。

またサンプル・スクリプトが含まれており、STM32L496に実装されているEspruino JavaScriptエンジンで動作させることが可能です。JavaScript上での開発が可能なため、さまざまなアプリケーションの要件に応じて自由にカスタマイズすることができます。

この開発パッケージに含まれるソフトウェアのX-CUBE-CELLULARは、C言語への変換を効率的に行うことで、性能を最適化します。FreeRTOS(TM)に基づき、セルラー通信用ドライバを実装しているこの開発パッケージには、アプリケーションの統合を簡略化するバークレー・ソケットのほか、セルラー拡張ボードをシームレスに制御できるAPIなどが搭載されています。

また、STは、主要なIoTソリューション・プロバイダと協力関係を構築しているため、ユーザは試作開発品の評価時に、セルラー通信およびSIM管理、クラウド・プラットフォーム・サービス、機器管理といった重要なサービスを試すことができます。

P-L496G-CELL01(2G/3Gネットワーク通信用)とP-L496G-CELL02(LTE Cat M1/NB-IoT用 )は、販売代理店から入手可能で、単価は約110.00ドルです。

詳細については、販売代理店までお問い合わせいただくか、http://www.st.com/stm32-c2c をご覧ください。

* STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび/またはその他の地域における関連会社の登録商標および/または未登録商標です。

STM32は米国特許商標庁に登録されています。

※参考画像は添付の関連資料を参照

■STマイクロエレクトロニクスについて

STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先

〒108-6017 東京都港区港南2-15-1

品川インターシティA棟

STマイクロエレクトロニクス(株)

マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ

TEL: 03-5783-8240

FAX: 03-5783-8216

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485492_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。