2018年12月11日(火)

プレスリリース

企業名|産業
サカタのタネ食品

サカタのタネ、無花粉タイプ一重咲きトルコギキョウを「ソロ」シリーズとして種子3品種発売

2018/7/12 14:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月12日

世界初・無花粉一重咲きトルコギキョウの名称は『ソロ』に

花持ちよく高評価の3品種 今秋種子発売

*参考画像は添付の関連資料を参照

サカタのタネは、2016年に開発を発表した、世界初の無花粉タイプ一重咲きトルコギキョウの名称を決定し、『ソロ』シリーズとしてその種子の本格販売を2018年11月以降開始します。小輪で、『ソロ ホワイト PF』、『同 ブルーピコティー PF』、『同 ピンクピコティー PF』=写真=の3品種がラインアップされています。花は受粉(雌しべの先に花粉が付着)すると、しぼむなど老化が進みますが、無花粉タイプのトルコギキョウは雄しべが不完全(※1)なため花粉が発生せず、花持ちが非常に優れます。当社の調べでは、花の鑑賞期間が従来品種より7日程度長くなることが確認できました(※2)。また、花粉が発生しないため、切り花の出荷調整作業や輸送の時も回りに花粉が飛散することがなく、室内に飾った時も部屋を汚す心配がありません。2016年の発表後、生産者様や流通関係者様への聞き取りなどを行ったところ、花持ちのよさに高い期待が寄せられていることが分かりました。

『ソロ』の名前は、イタリア発祥のコーヒー「エスプレッソ・ソロ」に由来し、エスプレッソ用の小さいカップに小輪の花形を、抽出に使用する豆の量の一単位である「ソロ」(イタリア語で一つの、などの意味)に一重のイメージを重ねました。毎日の生活に、元気と癒やしを与えてくれる品種に育ってほしいという願いを込めています。『ソロ』シリーズの希望小売価格(※3)は、各品種ペレットシード1袋1,000粒入り4,000円(税抜)で、全国の種苗店・JAルートを通じて販売します。

*以下は添付リリースを参照

●読者や視聴者の方のお問い合わせ先:

花統括部

電話045-945-8804

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485116_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485116_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報