2018年7月20日(金)

プレスリリース

日本IBM、NVMe対応オールフラッシュ・ストレージ「IBM FlashSystem 9100」を発表

2018/7/11 17:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月11日

企業のTier-1ストレージを仮想化&フラッシュで進化

IBM Spectrum VirtualizeとIBM FlashCoreテクノロジーが融合したNVMe対応オールフラッシュ・ストレージを発表

豊富なデータサービスがIT投資効率を高め、オンプレミスのIT基盤を変革

 

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、企業のTier-1ストレージを進化させ、データドリブンなマルチクラウド企業への変革を支援する新しいNVMe対応オールフラッシュ・ストレージ『IBM (R)  FlashSystem 9100』の出荷を2018年8月28日より開始します。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 IBM FlashSystem 9100での主な技術革新の一つは、FlashSystemで採用されている高速なFlashCoreモジュールを、NVMeインターフェースを備えた標準的な2.5インチ・ドライブ・サイズへの対応です。これにより、ドライブごとにハードウェア圧縮とFIPS 140-2に対応した暗号化が行われるFlashCoreモジュール(FCM)を2Uのコントロール・エンクロージャーに24個搭載し、2PBの実効容量が確保できます(*1)。コントロール・エンクロージャーはIBM FCMに加え、業界標準のNVMe対応フラッシュ・ドライブにも対応しており、ニーズに合わせてIBM FCMとNVMe対応フラッシュ・ドライブを混在可能です。IBM FlashSystem 9100は4ノードまでのクラスタリング構成が可能で、性能および容量をリニアに拡張することができます。4ノードのコントロール・エンクロージャーに、32台の拡張エンクロージャーをSAS接続した最大構成システムでは、合計3,040個のフラッシュ・ドライブがサポートされます。

 IBM FlashSystem 9100は、IBM Spectrum Virtualizeによる豊富なデータサービスが提供されます。その中には、オンプレミスやパブリック・クラウドへの同期/非同期コピー・サービス、高可用性構成、ストレージ階層化と自動データ移動、重複排除などのデータ削減テクノロジーなどが含まれます。これらのデータサービスは、IBM FlashSystem 9100に加え、仮想化の対象として外部接続される440を超えるIBMおよびIBM以外の多様なベンダーのストレージ・システムにも提供可能です。これにより、優れた効率性とコスト削減効果を実現しつつ、これまでのストレージ・システムに対する投資対効果も一層高めながら、ITインフラストラクチャーの変革を促進できます。

 IBM FlashSystem 9100の発表に合わせ、IBMが事前検証したブループリントに基づくSoftware Defined Storageソリューションを提供いたします。これらのソリューションは、データドリブンなマルチクラウド企業への取り組みを加速させるためのIT基盤変革を支援します。

 1.ビジネス成果を高めるデータ再利用と保護ソリューション

 2.クラウド連携による事業継続性の向上ソリューション

 3.プライベートクラウドによる柔軟性とデータ保護ソリューション

 IBM FlashSystem 9100では、クラウド・ベースのストレージ管理ツールStorage Insightsを無償で利用可能です。IBMブロック・ストレージと外部ストレージについて、健全性、容量、パフォーマンスを一元的に監視します。サポートが必要な場合、Storage Insightsはチケット発行を簡素化し、ログのアップロードを自動化することで、迅速な解決に役立ちます。上位のサブスクリプション版では、ブロック・ストレージ、ファイル・ストレージ、オブジェクト

 ストレージ(一部、IBM以外のストレージを含む)に管理対象を拡大し、AIに基づいた分析によるIBMのベストプラクティスの適用や、潜在的な問題を事前に特定し迅速な問題解決が行えます。

■最小構成:

 IBM FlashSystem 9100 モデル AF7

  IBM FlashSystem 9110 SFF NVMe Control Enclosure 1台

  16Gb FC アダプター 1枚

  IBM Spectrum Virtualize Software for FlashSystem 9110 Controller V8

  IBM Spectrum Protect Plus Multi-Cloud starter for FlashSystem 9100

  IBM Spectrum Copy Data Management Multi-Cloud starter for FlashSystem 9100

  IBM Spectrum Virtualize for Public Cloud Multi-Cloud starter for FlashSystem 9100

■1年保証

 仕様:

  高さ:8.8センチ(2U)

  幅:48.3センチ

  奥行き:85.0センチ

■関連情報:

 ・IBM FlashSystem 9100-データドリブンなマルチクラウド企業への変革(2018年7月10日公開)

 https://www.ibm.com/blogs/systems/jp-ja/ibm-flashsystem-9100-the-core-of-the-data-driven-multi-cloud-enterprise/

 ・NVMe対応オールフラッシュ・ストレージがもたらす価値(2018年7月10日公開)

 https://www.ibm.com/blogs/systems/jp-ja/the-values-of-nvme-enabled-for-all-flash-storage/

 ・絶え間なく変化する環境でビジネスを加速(2018年7月3日公開)

 https://www.ibm.com/blogs/systems/jp-ja/powering-business-at-the-speed-of-life/

 *1:実際の使用可能容量とも呼ばれ、重複排除や圧縮などによるデータ削減後に実際に使用できる容量を表します。実効容量は、書き込まれているデータのタイプ、およびそのタイプのデータで実現できるデータ削減率によって異なります。

 当報道資料は、2018年7月10日(現地時間)にIBM Corporationが発表したブログの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。

 https://www.ibm.com/blogs/systems/ibm-flashsystem-9100-the-core-of-the-data-driven-multi-cloud-enterprise/

 IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM FlashCore、IBM FlashSystem、IBM Spectrum、IBM Spectrum Protect、IBM Spectrum Virtualizeは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、 http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

以上

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485025_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報