2018年11月14日(水)

プレスリリース

三越伊勢丹HD、日本橋三越本店再開発の第一期を10月にグランドオープン-第二期は2019年度内の完成目指す

2018/7/11 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月11日

おもてなしのスペシャリティストアの完成を目指して日本橋三越本店 再開発(リモデル)

10月24日(水)第一期グランドオープン

三越伊勢丹グループでは、3ヶ年計画(2018年~2020年度)において、「収益体質の強化」と「事業構造の転換」の2軸を掲げています。持続的な成長に向けた重要戦略の1つとして、当社グループ最大の強みである世界有数の魅力ある都心部に立地した基幹店への経営資源の集中により再活性化を進め、独自性を磨き上げる事でグループ価値の最大化を図っていきます。その第一弾として2017年から日本橋三越本店の第一期再開発に着手し、お客さま一人ひとりの期待を超えるおもてなしのスペシャリティストアを目指して10月24日(水)にグランドオープンします。第二期は2019年度内の完成を目指し、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて新しい日本橋の魅力を発信していきます。

“モノ"を中心とした従来型の百貨店から接客・おもてなしを中心とした百貨店へと変化し、パーソナルショッピングを強化することで、よりお客さまに満足していただける百貨店作りを目指します。また建築家の隈研吾氏がデザインを手掛ける環境により、心地よさを感じていただくことで環境面でもお客さまをもてなします。

第一期再開発の対象ゾーンは、新館1階(特選)、本館1階(化粧品、雑貨、特選)、本館3階(一部)、本館5階(ラウンジ他)となり、顧客向けラウンジやおもてなし拠点となるウェルカムゲートを新設し、よりパーソナルな接客体制を整えます。フロアやブランドの垣根を越えて全館をつなぐガイドが全館を横断し、一人ひとりのお客さまのお悩みの解決をお手伝いします。また、婦人やリビングなど各階にオープンしていくウェルカムゲートでは、豊富な販売経験・専門知識を持つ約80人のカテゴリーコンシェルジュがより専門的なご要望に応えます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

【第一期再開発(リモデル)スケジュール】

■3月11日(水):新館1階 特選一部オープン済

■4月11日(水):本館1階 化粧品オープン済

■7月11日(水):本館1階 雑貨オープン

■10月上旬:本館1階 特選オープン

■10月24日(水):

 グランドオープン

 本館1階(本館3階一部、本館5階ラウンジ他)

【日本橋三越本店 概要】

■店舗名:日本橋三越本店

■所在地:東京都中央区日本橋室町1-4-1

■開業年月:1673年8月

■店舗面積:62,318m2

■年間売上高:1,553億円(2017年度)

第二期再開発に関しては、時計、宝飾、美術、特選、婦人、紳士カテゴリーを対象に、2019年度内の完成を予定しております。第一期再開発の詳細に関しては、9月にお知らせいたします。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485015_01.jpg

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報