2018年7月18日(水)

プレスリリース

企業名|産業
ケンコーマヨネーズ食品

ケンコーマヨネーズ、フードサービス業向けにサラダ・総菜類など10品を発売

2018/7/11 16:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月11日

フォトジェニックな青いノンオイルドレッシングが登場!

五感で感じるおいしさ・楽しさを訴求!約200の多様なメニューを提案

業務用:2018年秋冬新商品 10品 発売

 

 当社(東京本社:東京都杉並区 代表取締役社長:炭井孝志)は、フードサービス業向けにサラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類の新商品計10品(9アイテム)を7月17日(火)に発売します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 今回は、人手不足の問題に応えた調理の簡便化に役立つ商品に加え、トレンドを反映した彩りをプラスし、使いやすさだけでなく見た目や味、食感など五感でも楽しめる商品を開発しました。

 外食やコンビニエンスストア、量販店、ベーカリーなどの各業態に向けて、約200のメニューを用意し、提案していきます。

<商品開発のポイント>

■フォトジェニックなメニューに!“青いノンオイルドレッシング”

 ※商品画像(1)は添付の関連資料を参照

 SNSでは「フォトジェニック」や「インスタ映え」などのワードとともに、カラフルなメニューが話題を集めています。今回、そんなカラフルな色の中でも“興味を引く色”として話題の「青色」に着目したノンオイルドレッシングを開発しました。スピルリナ由来の天然色素を使用し、安定的に“鮮やかな青色”を実現することにこだわっています。

 サラダにかけるだけでなく、ゆで卵などの具材を漬けて青色にするなど、本商品の様々な使い方も同時にご提案します。爽やかなグレープフルーツ味で、どんな素材とも相性が良く、カフェやレストラン、アミューズメントなど話題を集めるメニュー作りにおすすめです。

■スーパーフードの“ビーツ”を使った色鮮やかなラペ

 ※商品画像(2)は添付の関連資料を参照

 鮮やかな赤紫色が特長の“レッドキャベツ”と、栄養価が高く人気を集めている“ビーツ”を使ったラペです。目を引く鮮やかな色は少量使用でもインパクト抜群!

 肉料理との相性が良く、付け合わせの他、フルーツサラダなどにもお使いいただけます。

 カフェやベーカリーはもちろん、量販店のパックサラダのトッピングにもおすすめです。

 当社は今後とも食品メーカーとして市場を演出し、外食や中食市場においてお役に立てる商品作りとメニュー提案に努めてまいります。

■新商品情報はこちらから

 http://www.kenkomayo.co.jp/product/category/newitem

■会社概要

 社名:ケンコーマヨネーズ株式会社

 代表者:代表取締役社長 炭井孝志

 所在地:東京都杉並区高井戸東3-8-13(東京本社)

 創立年月:1958年3月

 資本金:54億2,403万円(2018年3月末現在)

 主な事業内容:サラダ・総菜類、タマゴ加工品、マヨネーズ・ドレッシング類等の食品製造販売

 ※新商品概要は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485011_01.JPG

商品画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485011_02.JPG

商品画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485011_03.JPG

新商品概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485011_05.pdf

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報