2018年7月23日(月)

プレスリリース

伊藤忠商事など、オンライン後払い決済サービスのPaidy社へ戦略的事業投資-個人向け金融サービス事業強化

2018/7/11 16:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月11日

個人向け金融サービス事業強化に向けたPaidy社への戦略的事業投資について

 

 伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木 善久、以下「伊藤忠商事」)は、ポケットカード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高垣 晴雄、以下「ポケットカード」)とともに、オンライン後払い決済サービスを運営する株式会社Paidy(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉江 陸、以下「Paidy」)へ第三者割当増資等を通じて、持分法事業会社化を前提とした戦略的事業投資を実施します。

 国内での電子商取引(EC)市場が好調に成長を続けている中、後払い決済サービスは、若年層を中心としたクレジットカードを保有していないユーザーや、セキュリティ面での不安からオンライン決済でクレジットカードを利用しないユーザーのニーズを捉え、市場が急拡大しています。中でもPaidyは継続的なユーザビリティ向上に主眼を置いたオンラインで即時決済が可能な後払い決済サービスを強みに急成長しており、2017年11月にユーザー数は100万口座を突破し、2018年6月末時点のユーザー数は140万口座を超えています。また、独自開発の与信モデルによって幅広い商品の取り扱いが可能であることが加盟店に評価され、2018年6月末時点における加盟店ネットワークは約70万サイトに上ります。

 伊藤忠商事は中期経営計画「Brand New Deal 2020」にて、商いの次世代化として、生活消費分野やベンチャー企業との取組みの強化を推進しています。

 個人向け金融サービス分野においても昨年度のポケットカードへの追加出資や、フィンテック分野のベンチャー投資を行ってまいりました。今回オンラインに特化した決済ベンチャーであるPaidyを早期の段階でグループ会社と致します。新興企業であるPaidyの強みとポケットカードが長年培った決済分野でのノウハウを組み合わせることにより、消費者の支出と収入、送金などにかかわる先進的で使い勝手のよい次世代金融サービスを構築し、企業や消費者に対して提供していくことを目指して参ります。

■Paidy社概要

 会社名:株式会社Paidy

 設立:2008年

 本社:東京都港区

 代表者:杉江 陸

 事業概要:オンライン後払い決済サービスPaidy(ペイディー)の運営等

 URL:https://paidy.com/

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報