/

IDC Japan、国内3Dプリンティング市場予測を発表

発表日:2018年7月11日

国内3Dプリンティング市場予測を発表

・2017年 国内3Dプリンティング市場は、前年比成長率8.9%、308億円

・2017年~2022年の年間平均成長率は9.1%、2022年市場規模は476億円と予測

・今後は3Dプリンティングによる製造プロセス変革の提案と課題解決を含むユースケース情報の提供が成長のキーポイント

IT専門調査会社IDC Japan株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内3Dプリンティング市場の2017年実績と2018年~2022年の予測を発表しました。これによると2017年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は308億円で、前年比8.9%の増加でした。IDCでは国内3Dプリンティング市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を9.1%、2022年の市場規模を476億円と予測しています。

国内3Dプリンティング市場は、3Dプリンター本体市場、3Dプリンティング関連サービス市場(*1)、および造形材料市場で構成されています。2017年の3Dプリンター本体の売上額は121億円(前年比成長率3.9%)、3Dプリンティング関連サービスの売上額は107億円(同8.2%)、造形材料の売上額は79億円(同19.0%)でした。3Dプリンター本体の売上では2016年はマイナス成長でしたが、2017年はプロフェッショナル3Dプリンターの出荷台数が堅調に伸びたことから、プラス成長に転じました。

3Dプリンター本体市場をセグメント別(*2)に見ると、デスクトップ3Dプリンター本体の出荷台数は4,700台(前年比成長率マイナス22.5%)、売上額は6.7億円(同マイナス22.2%)、プロフェッショナル3Dプリンター本体の出荷台数が1,900台(前年比成長率プラス27.1%)、売上額は114.3億円(同 プラス5.9%)でした。デスクトップ3Dプリンター市場では、作製できるものには限界があり、何でも作ることができるわけではないことがユーザーに正しく認識されるようになってきたことから、個人の購入意欲は低調に推移すると考えられます。一方、プロフェッショナル3Dプリンター市場では、3Dプリンターの正しい認知が進むことで、3Dプリンターを使用する目的や用途が明確になり、新規購入の増加が期待できます。同時に、使用範囲が広がることにより既存ユーザーの追加購入の可能性も広がると考えられます。そのため、IDCではデスクトップ3Dプリンターは減少するものの、プロフェッショナル3Dプリンターは堅調に増加していくとみています。2022年の国内3Dプリンター本体市場は、出荷台数5,700台(CAGRマイナス2.8%)、売上額189.8億円(同プラス9.4%)と予測しています。

本体以外では、3Dプリンティング関連サービス市場と造形材料市場は今後も成長を維持するとIDCではみています。プロフェッショナル3Dプリンターの出荷が増加することにより、3Dプリンター修理/保守サービス市場が拡大し、同時に造形材料の消費量も増加すると考えています。IDCでは、3Dプリンティング関連サービス市場の2017年~2022年のCAGRを6.1%、造形材料市場のCAGRを12.3%、2022年の売上額はそれぞれ144.5億円、141.7億円と予測しています。現在の3Dプリンターの主な用途は試作品製造ですが、今後の成長のためには最終製品を製造する用途への拡大が求められます。そのためには、ベンダーが3Dプリンティングによる製造プロセス変革を行うための提案を行うこと、さらに3Dプリンティングによる製品製造における課題解決を含むユースケース情報を提供することが必要と考えられます。

IDC Japanイメージング,プリンティング&ドキュメントソリューション リサーチマネージャーの三谷 智子は「3Dプリンティング市場拡大のためには、ベンダーは、単なる成功事例だけでなく、導入時の障害や失敗、そしてその解決策を含む詳細な情報を積極的に開示することが重要である」と分析しています。

今回の発表はIDCが発行したレポート「国内3Dプリンティング市場予測アップデート、2018年~2022年:グローバル市場動向との比較」(JPJ42869518)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内3Dプリンター本体および関連市場の2016年~2017年の出荷台数/売上額の実績と2018年~2022年の市場規模予測のほか、サプライヤーへの提言、市場の促進要因と阻害要因についての分析をまとめています。

(*1)3Dプリンティング関連サービス市場は、受託造形サービスと修理/保守サービスで構成される。

(*2)IDCでは、本体価格50万円未満の3Dプリンターを「デスクトップ3Dプリンター」、本体価格50万円以上の3Dプリンターを「プロフェッショナル3Dプリンター」と定義している。

(※詳細についてはIDC Japanへお問い合わせ下さい。)

■レポート概要はこちら

・国内3Dプリンティング市場予測アップデート、2018年~2022年:グローバル市場動向との比較

 https://www.idcjapan.co.jp/Report/3DPrinter/jpj42869518.html

■その他の関連資料

・3Dプリンティング関連のレポートはこちらをご覧ください。

 https://www.idcjapan.co.jp/Report/3DPrinter/index.html

<参考資料>

図1.国内3Dプリンター本体市場セグメント別出荷台数 実績および予測: 2016年~2022年

図2.国内3Dプリンティング市場売上額 実績および予測:2016年~2022年

◇添付の関連資料を参照

◆一般の方のお問い合わせ先

IDC Japan(株)セールス

TEL:03-3556-4761

FAX:03-3556-4771

Email:jp-sales@idcjapan.co.jp

URL:https://www.idcjapan.co.jp

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484947_01.JPG

図2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484947_02.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン