2019年3月20日(水)

プレスリリース

西武鉄道、スピーカー「ミライスピーカー」を所沢駅の改札内リフレッシュスペース「とこてらす」に導入

2018/7/9 17:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月9日

鉄道業界初!「ミライスピーカー(R)」を導入

~音のバリアフリー化に向けた取組み~

西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)では、株式会社サウンドファン(代表取締役社長:佐藤 和則)のより多くの方に聞こえやすいスピーカー「ミライスピーカー(R)」を所沢駅の改札内リフレッシュスペース「とこてらす」に導入し、7 月 9 日(月)より使用開始します。

「ミライスピーカー(R)」は、大きい音を出さなくても遠くまで響き、ご高齢のお客さまや耳が不自由なお客さまにも音声が聞きとりやすいスピーカーです。当社施設において試聴テストを行った結果、十分な効果が確認されたため、導入を決定しました。

2016 年 4 月に、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行されましたが、当社では、以前より、駅員のサービス介助士の資格取得、所沢市内の駅を対象とした駅ボランティアの講習の実施、駅施設などへのエレベーターの設置やホームへの内方線付点字ブロック設置などさまざまな形でバリアフリーに取り組んでまいりました。今後も、バリアフリーに対応した設備の整備に取り組み、お客さまに安全で快適なサービスを提供してまいります。

■「ミライスピーカー(R)」導入概要

1.使用開始日:2018 年 7 月 9 日(月)

2.設置箇所:所沢駅改札内リフレッシュスペース「とこてらす」(所在:埼玉県所沢市くすのき台1-14-5)

3.設置機種:ミライスピーカー・ボクシー2(Boxy2)

 ・型番:SF-MIRAIS 12B

 ・サイズ…幅:142mm 高さ:260mm 奥行:270mm

 ・重量:3.4kg(AC アダプター込 3.9kg)

 ・設置数:1 個

4.使用目的:「とこてらす」にて埼玉西武ライオンズ主催試合のパブリックビューイングなどに使用

*参考画像(1)は添付の関連資料を参照

【参考】

■「ミライスピーカー(R)」とは

サウンドファンが独自に開発した世界初の特許技術「ミライスピーカー(R)」の曲面振動板スピーカーは、100 年以上変わらない従来の空気を押し出すコーン型スピーカーとは異なり、湾曲させた振動板全体から音が飛び出す構造により、広い範囲に特殊なエネルギーのある音を生成することができます。その音である『曲面サウンド』は、聴こえにくい方をサポートすることができ、さらに、従来スピーカーと変わらない音質で、広く遠くまでハッキリと音声を届けることができ、多くの方に聴こえやすい音のバリアフリー環境を実現することができます。(※)

※「聴こえ」には個人差があります。

■「とこてらす」とは

所沢駅改札内のコンコースに面した飲食店ゾーンの屋上部分にあるリフレッシュスペースです。所沢駅をご利用になるお客さまの待合せやご休憩スペースとしてご利用いただいているほか、埼玉西武ライオンズ主催試合のパブリックビューイングなどを行っております。

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

以上

●お客さまからのお問合せ先

・この資料に関するお問合せ先

西武鉄道お客さまセンター

TEL.(04)2996-2888

音声ガイダンスのご案内により、メニューをお選びください。

[営業時間:平日9時~19時 土休日9時~17時]

・ミライスピーカーに関するお問合せ先

株式会社サウンドファン

TEL.(03)5825-4749

[営業時間:平日9時~17時半]

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484755_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484755_02.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報