2019年9月20日(金)

プレスリリース

アマゾン、マンガ作家が作品をKindleストア上に無料でセルフ出版できる新プログラムを開始

2018/7/5 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月5日

Amazon、Kindleストア上でマンガ作家と読者の出会いの場となる"Kindleインディーズマンガ"を新たに開始

~マンガ作家が自作の作品を手軽に無料でセルフ出版できるプログラムを提供、幅広い読者層を有するKindleストア上で人気作品と並んでインディーズマンガを紹介~

~作品の人気度を基準に、年内で総額2,000万円をマンガ作家に分配する「インディーズ無料マンガ基金」を創設~

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は本日、マンガ作家が自作の作品をKindleストア上に手軽に無料でセルフ出版できる新しいプログラム「Kindleインディーズマンガ」を開始しました。このプログラムを通じて、電子書籍のセルフ出版サービスであるKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)の取り組みをさらに拡大し、Kindleストア上でマンガ作家が簡単に無料作品を公開できるようにします。Kindleインディーズマンガは、新進気鋭のマンガ作家の発掘と育成とともに、読者向けにより多くのマンガ作品を提供し、マンガ作品の選択肢の幅を広げることを目指しています。

アマゾンジャパン合同会社Kindleコンテンツ事業本部長の友田雄介は、次のように述べています。

「このたび、Kindleインディーズマンガをマンガ作家、読者の皆さん向けに発表できることを大変嬉しく思います。Amazonはこの度、マンガ作家に向けた自己表現のためのツールとKindleストア上の読者との出会いの場となる、プログラムを開始いたしました。今後も日本のマンガ作家を応援し、読者に向けてより多くのマンガを提供してまいります。」

■シンプルなアカウント登録と作品の公開プロセス

Amazon.co.jpにてアカウントを作成するだけで、自作のマンガ作品を無料で公開できます。無料マンガの公開は、電子書籍のセルフ出版サービスであるKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)のアカウント登録だけで行うことができ、諸税や銀行口座情報の登録などは必要ありません。JPEG画像または電子書籍用ファイルをアップロードするだけで、さまざまなジャンルのマンガを1ページから公開できます。

■Kindleストア上でマンガ愛好家と出会うための手段

インディーズマンガとして公開された作品は、プロのマンガ家による人気作品と並んでKindleストアで掲載されます。また、インディーズマンガを紹介する専用のページも用意しています。読者はiOS/Androidのスマートフォンやタブレット向けの無料のKindleアプリ、Kindle電子書籍リーダー、Fireタブレット、Kindle Web Readerなどを通じて、無料のインディーズマンガを含めKindleストア上の全てのマンガ作品を読むことができます。

■インディーズ無料マンガ基金:無料のインディーズマンガ作品に総額2,000万円を贈呈

Kindleインディーズマンガの開始に合わせ、Amazonでは総額2,000万円に上る「インディーズ無料マンガ基金」を創設しました。2018年7月5日から12月31日までの約6カ月間の間に、基金から総額2,000万円が分配される予定です。Kindleダイレクト・パブリッシングで無料マンガを公開し、作品を「インディーズ無料マンガ基金」に登録したマンガ作家は誰でも基金から分配の可能性を得ることができます。実際に分配を受ける作品及びその分配の金額は、作品の人気度を基準にAmazonが決定します。まずは最初の約1カ月(2018年7月5日~2018年7月31日)で上位20名に選ばれたマンガ作家に、それぞれ10万円が支払われる予定です(*1)。

*1 上位20名はKindleダイレクト・パブリッシングのアカウント(出版者)ごとに集計、選出されます。

Kindleインディーズマンガとインディーズ無料マンガ基金に関する詳細は下記URLをご覧ください。

https://kdp.amazon.co.jp/manga

■Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。