2019年7月24日(水)

プレスリリース

ロイヤルHD、既存工程を9工程から4工程へ削減し食器洗浄工程のロボット化に向けた実証実験開始

2018/6/26 17:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月26日

既存工程を9工程から4工程へ削減

食器洗浄工程のロボット化に向けた実証実験開始

顧客満足度、従業員満足度の向上へ

ロイヤルホールディングス(株)は、グループ内の外食事業会社アールアンドケーフードサービス(株)が運営するサラダバー&グリルレストラン「シズラー 新宿三井ビル店」にて、食器洗浄工程にロボットシステムと超小型高圧食器洗浄機を導入し、2018年6月27日から人とロボットが作業を分担して協働を目指す実証実験を開始します。実証実験を通して作業の効率化と省力化を達成し、働きやすい環境づくりとさらなる顧客満足度向上を目的として取り組みます。

【実証実験の背景】

日本において少子高齢化による生産労働人口の減少が課題となる中、ロイヤルグループではAIやロボティクスの活用を、労働力の補填に留まらず、お客様へのおもてなし向上など、人だからこそ価値を生み出せる業務に集中する契機と捉え、新たな付加価値の創造を目指しています。これまでキャッシュレスや新調理機器と自社セントラルキッチンのノウハウをいかした「GATHERING TABLE PANTRY」や、自動搬送機を導入した「Q CAFE by Royal Garden Cafe」など、新たにオープンする店舗で様々な取り組みを行ってきましたが、今回は既存店舗である「シズラー 新宿三井ビル店」にて実証実験を行います。既存店で実証実験の結果を得ることで他既存店へのイノベーション拡大を企図しています。

実証実験では、当社のイノベーション創造部が中心となり「シズラー 新宿三井ビル店」の食器洗浄工程へ、ロボット向け制御アルゴリズムのライセンス事業を行う株式会社チトセロボティクスのロボットシステム(食器のピッキングと収納)と洗浄機製造・販売などを行う株式会社KyoDoの超小型高圧食器洗浄機(食器類の洗浄)を導入します。飲食店の食器洗浄工程は店舗運営を支える重要な工程ですが、バスボックスなど重い什器を扱い、中腰の姿勢で水作業を行うなど身体への負担がありながらあまり技術革新が進んでおりませんでした。ロイヤルグループは人とロボットの協働を目指す実証実験で食器洗浄工程の効率化と省力化を実現し、人だからこそ提供できる付加価値を探求、提供してまいります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483527_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483527_02.pdf

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483527_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。