プレスリリース

企業名|産業
明治機械機械

明治機械、東洋アルミニウムの超軽量モジュール「HANEモジュール」架台を共同開発

2018/6/18 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月18日

東洋アルミニウム株式会社「HANEモジュール」架台の共同開発に関するお知らせ

明治機械株式会社(本社:東京都千代田区)は、平成29年11月に販売を開始した「接着架台工法(エスノンホール)」のコンセプトを基に東洋アルミニウム株式会社(本社:大阪府大阪市中央区)の販売する超軽量モジュール「HANEモジュール」架台の共同開発を行う事となりましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.共同開発の概要

東洋アルミニウム株式会社の販売する超軽量モジュール「HANEモジュール」はパネル1枚当たりの重量が8kgと超軽量であり、「接着架台工法(エスノンホール)」と組合せる事により、m2荷重約10kgと今まで屋根荷重の懸念により設置をあきらめていた屋根への設置を可能とするだけでなく、陸屋根部へアンカーボルト打設の為に穴をあける、アンカーボルトの打設が出来ないスラブ厚の少ない屋根等にも対応出来る接着工法を採用している為、従来の施工方法では設置出来ない数多くの屋根への設置を可能とした仕様となっております。

今後も、事業で使う電気全量の再生可能エネルギー化を目指す国際組織「RE100」をはじめとする自家消費等の新たなニーズに対応すべく、日本の再生可能エネルギーの持続的発展に貢献してまいります。

2.共同開発製品の仕様について

・対応する屋根の形状:

88折板

 陸屋根

・モジュール重量(kg):8

・モジュール面積(m2):1.32

・モジュール単位重量(kg/m2):6.06

・10枚当たりの架台重量(kg):60

・10枚当たりの面積(m2):13.81

・架台単位重量(kg/m2):4.34

・合計重量(kg/m2):10.40

※上記重量は、現在設計中の内容により算出しております。販売時に若干の重量変更の可能性があります。

3.販売開始時期

2018年 年内を予定しております。

4.販売目標

中期的な事業規模として年間売上高10億円を目標としております。

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]