プレスリリース

企業名|産業
出光興産素材・エネルギー

出光興産、NEDOが推進するEV用全固体電池の基盤技術確立プロジェクトに参画

2018/6/15 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月15日

次世代電池用固体電解質の開発について

当社(本社:東京都千代田区、社長 木藤 俊一)は、技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC)を通じ、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するEV用全固体電池の基盤技術確立を目的としたプロジェクト(*1)に参画します。

本取り組みは、日本がEVで世界をリードすることを目的とし、全固体電池をいちはやく実用化し、EVへの搭載をオールジャパンで推進するプロジェクトです。EVの市場拡大が想定される中、車載用電池においては安全性・耐久性・航続距離の向上のニーズが高まっており、全固体リチウムイオン電池の実用化・量産が急がれています。

全固体電池に用いられる固体電解質は硫化水素を原料とします。この硫化水素についてこれまで石油精製で蓄積してきたハンドリング技術と、石油化学製品への応用技術を有することが当社の強みです。また、約20年に及ぶ研究開発を通じ、固体電解質等に関する特許出願は電池材料メーカーとして最多の件数を有します。当社はこれらの強みを活かし、オールジャパンで推進する本プロジェクトに貢献します。

次世代電池用素材開発は、当社の第5次連結中期経営計画の重点課題と位置付けております。本年7月にはリチウム電池材料室を設置し、さらに取り組みを強化します。2020年代の市場投入を目標として、EVや産業機器の電池向けに市場開拓を進めてまいります。

*1 先進・革新電池材料評価技術開発(第2期)http://www.nedo.go.jp/koubo/AT523_100082.html

■リチウム電池の構造と特性

※添付の関連資料を参照

【参考】NEDOプレスリリース

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100968.html

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リチウム電池の構造と特性

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482676_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]