2018年12月17日(月)

プレスリリース

企業名|産業
沢井製薬医薬・医療

沢井製薬、ジェネリック医薬品7成分17品目を発売

2018/6/14 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月14日

ジェネリック医薬品7成分17品目の新製品を発売

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、本日6月14日に、ジェネリック医薬品7成分17品目について薬価基準への収載が官報告示されたことをお知らせいたします。薬価基準の適用日である明日6月15日以降、順次発売いたします。新製品の発売により、沢井製薬が取り扱う製品ラインアップは302成分738品目となります。

※イルアミクス(R)配合錠LD/HD「サワイ」の有効成分は「イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩」(配合剤)で、1成分としてカウントしています。

◆新製品ハイライト

ミノドロン酸錠50mgは、適正使用・利便性を考慮したパッケージ付きPTPシートを採用しております。

業界で初めての特殊な技術を用い、折り曲げて錠剤を取り出せるデザイン仕様にしました。患者さんに、より扱いやすい包装の工夫を行った製剤です。また、4週に1回1錠を服用する薬のため、服用のタイミングを大きく表示しています。

ミノドロン酸錠50mg「サワイ」取り出し方解説動画はこちらからご覧いただけます。

*参考画像(1)・QRコードは添付の関連資料を参照

ナルフラフィンOD錠(※)は血液透析治療をうけられている患者さんの、そう痒症の改善に使用されます。一回の透析で除くことのできる水分量には限りがあります。透析患者さんは摂取する水分量を制限されていることがあり、そのため、水なしでも服用することが可能なOD錠(※)にすることで患者さんの服用負担の軽減を目指しました。

※OD錠・・・口腔内崩壊錠

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

オセルタミビルカプセル・ドライシロップのジェネリック医薬品は当社のみの発売となります。先発品のタミフルは、国の備蓄医薬品に指定されており、インフルエンザ・パンデミックに備える重要な役割を担っています。

そのようなニーズのある製剤のジェネリック医薬品を、発売することができました。

日本医療の発展のために、これからも沢井製薬はお役に立ち続けます。

*参考画像(3)は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482559_01.JPG

QRコード

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482559_02.JPG

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482559_03.JPG

参考画像(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482559_04.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482559_05.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報