/

電通イージス・ネットワーク、「世界の広告費成長率予測」を発表

発表日:2018年6月14日

「世界の広告費成長率予測」を発表

◆2018 年の世界の総広告費は、6,000 億ドル突破し、過去最高となる見通し(図表 1)

 ・2010 年から 2019 年まで 10 年連続の成長見通し(図表 1)

 ・2018 年の前回予測(2018 年 1 月)比では、市場規模 1、2 位の米国・中国のけん引などにより上方修正(3.6%→3.9%)(図表 4)

◆媒体別では、二桁成長のデジタルがテレビを上回り、トップシェアに(図表 2、3)

 ・2019 年にはデジタルがシェア 40%を超過する見通し(図表 3)

株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」(本拠地:英国ロンドン市)は、世界 59 カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」(※1)を取りまとめました。今回は、2017 年実績の確定と 2018 年予測の改定、2019 年の新規予測を行っています。

2018 年の世界の広告費成長率を 3.9%(前回予測:3.6%)と見込むことで、総広告費は 6,135億ドルに達し、過去最高となる見通しです。また 2019 年も、世界的にデジタル広告がけん引する形での堅調な成長(3.8%と予測)が見込まれます。これにより、世界の総広告費はリーマンショックの影響を受けた 2009 年以来、10 年連続のプラス成長見通しとなります。

とりわけデジタル広告費は堅調で、今後も二桁成長が続くと予測しています。その結果、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費のシェアは 38.4%となり、初めてテレビ広告費を上回ります。そして、2019 年には 40%超となる見通しです。

<図表 1:世界の総広告費(地域別)>

*添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図表 1:世界の総広告費(地域別)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482518_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482518_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン