プレスリリース

不動産経済研究所、5月の首都圏のマンション市場動向を発表

2018/6/14 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月14日

≪首都圏のマンション市場動向≫

-2018年5月度-

◎5.4%減の2,462戸と2カ月連続の減少。契約率も10Pダウンの62.2%。

◎戸当たり6,030万円、m2単価89.5万円、ともに2カ月ぶりにアップ。

(1)5月の発売は2,462戸、前年同月(2,603戸)比5.4%減、前月(2,342戸)比5.1%増。

(2)契約率62.2%、前年同月比10.0ポイントダウン、前月比では0.8ポイントダウン。

'18年4月63.0%、3月74.7%、2月65.0%、1月65.2%、'17年12月72.5%、11月67.9%、10月60.7%、9月64.9%、8月68.2%、7月71.9%、6月67.2%、5月72.2%。

(3)1戸当り価格は6,030万円、1m2当り単価は89.5万円。

 前年同月比で戸当り49万円(0.8%)のアップ、m2単価は3.4万円(3.9%)アップしている。

(4)販売在庫数は6,377戸、前月末比66戸の減少('18年4月末6,443戸、'17年5月末6,422戸)。

(5)即日完売物件はなし

(6)5月の超高層物件(20階以上)は19物件362戸(120.7%増)、契約率67.1%(前年同月11物件164戸、契約率62.8%)である。

☆首都圏のマンション市場動向(2018年5月度)

1. 5月の新規発売戸数は2,462戸である。対前年同月(2,603戸)比5.4%減、対前月(2,342戸)比5.1%増である。

2. 5月の地域別発売戸数は東京都区部1,226戸(全体比49.8%、前年同月比1.7%増)、都下232戸(同9.4%、15.9%減)、神奈川県386戸(同15.7%、34.6%減)、埼玉県273戸(同11.1%、7.5%増)、千葉県345戸(同14.0%、24.5%増)となっている。東京都のシェアは59.2%。

3. 新規発売戸数に対する契約戸数は1,532戸で、月間契約率は62.2%。前月の63.0%に比べて0.8ポイントダウン、前年同月の72.2%に比べて10.0ポイントダウンとなっている。

4. 5月の地域別契約率は都区部69.7%、都下50.4%、神奈川県64.8%、埼玉県46.2%、千葉県53.6%である。

5. 5月の1戸当り平均価格、1m2当り単価は、6,030万円、89.5万円である。

2018年4月は5,548万円、80.0万円であったので、前月比総額では482万円(8.7%)のアップ、m2単価は9.5万円(11.9%)アップしている。

2017年5月は5,981万円、86.1万円であったので、前年同月比総額では49万円(0.8%)のアップ、m2単価は3.4万円(3.9%)アップしている。

6. 5月の地域別平均価格、1m2当り分譲単価は以下のとおり。

 東京都区部7,173万円、111.7万円(2.8%ダウン、0.9%アップ)、都下5,231万円、74.8万円(1.3%アップ、3.9%アップ)、神奈川県6,069万円、85.0万円(18.1%アップ、20.6%アップ)、埼玉県4,378万円、64.7万円(4.6%アップ、8.4%アップ)、千葉県3,768万円、52.1万円(9.4%ダウン、10.2%ダウン)。

7. 即日完売物件はなかった。フラット35登録物件戸数は2,282戸(同92.7%)であった。

8. 5月末現在の翌月繰越販売在庫数は6,377戸で、2018年4月末現在の6,443戸に比べて66戸の減少。2017年5月末残戸数は6,422戸。

9. なお、2018年6月の発売戸数は2,500戸の見込みである('17年6月2,284戸、'16年6月3,050戸、'15年6月3,503戸、'14年6月3,503戸)。

《首都圏の建売住宅市場動向》

-2018年5月度-

◎発売戸数は355戸、契約率48.7%。

1. 5月の新規発売戸数は355戸である。対前年同月(274戸)比29.6%増、対前月(330戸)比7.6%増。

2. 5月の地域別発売戸数は東京都130戸(全体比36.6%)、千葉県79戸(同22.3%)、埼玉県139戸(同39.2%)、神奈川県3戸(同0.8%)となっている。茨城県の供給は4戸(同1.1%)であった。

3. 新規発売戸数に対する契約戸数は173戸で、月間契約率は48.7%。前月の41.2%に比べて7.5ポイントアップ、前年同月の52.6%に比べて3.9ポイントダウンしている

4. 5月の地域別契約率は東京都73.8%、千葉県40.5%、埼玉県30.9%、神奈川県33.3%、茨城県25.0%である。

5. 5月の1戸当り平均価格は5,084.0万円である。

2018年4月は4,214.0万円であったので、前月比総額では870.0万円(20.6%)アップしている。

2017年5月は4,837.6万円であったので、前年同月比総額では246.4万円(5.1%)アップしている。

6. 5月の地域別平均価格は東京都6,509.2万円、千葉県4,209.8万円、埼玉県4,258.8万円、神奈川県5,646.7万円、茨城県4,280.0万円。

7. 即日完売は0戸であった。

8. 月末現在の翌月繰越販売在庫数(発売後6ヶ月以内)は775戸で、2018年4月末現在の803戸に比べて28戸の減。

2017年5月末在庫数は663戸。

◎調査対象

(a)物件所在地:東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県南部

(b)民間業者による分譲物件:不動産協会、全国住宅産業協会会員主体

(c)原則として10戸以上の物件

※以下の資料は、添付の関連資料を参照

 ・II.新規物件特性分析(2018年5月末現在)

 ・1.タイプ別戸数

 ・1.価格帯別戸数

 ・図-1.新築マンション価格の推移(首都圏・近畿圏)2015年5月~2018年5月

 ・図-2.契約率の推移(首都圏・近畿圏)2015年5月~2018年5月

 ・図-3.月間発売戸数の推移(首都圏・近畿圏)2016年5月~2018年5月

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付資料(新規物件特性分析、図など)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482497_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]