2018年11月14日(水)

プレスリリース

企業名|産業
東武鉄道輸送・レジャー

東武不動産、住宅宿泊(民泊)事業を15日から開始-商業テナント入居・電動シェアサイクル設置

2018/6/13 17:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月13日

空き家を活用し、訪日外国人観光客の誘客を行うとともに、地域活性化を図ります

6月15日(金)より、住宅宿泊(民泊)事業を開始します!

墨田区の物件を活用し、「日本独自のナイトライフ」を体験できる商業テナントが出店するほか、シェアサイクルを使ったツアーなど、体験型プログラムも実施予定

東武鉄道(本社:東京都墨田区)のグループ会社である東武不動産(本社:東京都墨田区、社長:平野通郎)では、6月15日(金)に住宅宿泊事業法が施行されることを受け、同日より住宅宿泊(民泊)事業を開始します。

これは、近年増加を続ける訪日外国人観光客の多様化する宿泊ニーズに東武沿線において応えるとともに、東武鉄道と連携した東武沿線の観光施設などのPRや、周辺地域との協力による散策ツアーなどの実施により、地域活性化を図ることを目的としたものです。

今般、東武不動産が墨田区内に所有する2階建ての建物をリノベーションし、2階には宿泊用の部屋を3室設け、1階には「日本独自のナイトライフ」を体験できる商業テナント(ラーメン店・カラオケ店・居酒屋)が出店するほか、電動シェアサイクルを設置します。また建物内にパンフレットラックを設置するなどし、東京スカイツリータウン(R)などの周辺グループ施設や東武沿線観光地、墨田区内の商店などの紹介を行います。

また、「墨田区ならではの体験」をしていただくため、シェアサイクルを使った下町散策ツアーを行うほか、今後は地元企業と連携した体験型プログラムも実施する予定です。

東武グループでは、引き続き、訪日外国人観光客の受入環境整備を進め、沿線地域の活性化に貢献してまいります。

詳細は別紙のとおりです。

*参考画像・別紙は添付の関連資料を参照

以上

※お問い合わせは、

東武鉄道お客さまセンター

TEL 03-5962-0102

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482424_01.JPG

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482424_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報