2019年9月20日(金)

プレスリリース

企業名|産業
凸版印刷商社・サービス

アイティアクセス・QTnet・テクサー・凸版印刷、LPWA通信規格「ZETA」普及で「ZETAアライアンス」を設立

2018/6/4 14:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年6月4日

ZETAアライアンスの設立

~LPWA低消費電力メッシュネットワークにより、超スマート社会に貢献~

アイティアクセス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:高橋 尚)、株式会社QTnet(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:岩崎 和人)、株式会社テクサー(本社:京都市下京区、代表取締役 CEO:朱強)、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)は、低消費電力でメッシュネットワークを構築可能な次世代LPWA(※1)通信規格「ZETA(ゼタ)」の普及を目的とし、ZETAアライアンスを立ち上げました。今後、様々な社会課題に対して適用を進め、Society5.0で掲げられている超スマート社会の実現に貢献することを目指します。

ZETAとは、ZiFiSense社が開発したアンライセンス方式のLPWA規格で、超狭帯域(UNB:Ultra Narrow Band)による多チャンネルでの通信、メッシュネットワークによる広域での分散アクセス、双方向での低消費電力通信が可能といった特長を持つ、IoTに適した通信インフラ技術です。ZETAアライアンスでは、ZETA構成要素となるデバイス開発、システムインテグレーション、クラウドサービス、アプリケーションなどのプラットフォーム開発を会員が連携して行い、ビジネス展開を加速してまいります。

◇参考資料は添付の関連資料を参照

ZETAアライアンスの会員企業による活動内容を、「SmartSensing2018」(会期:6月6日(水)~8日(金)10:00~17:00、会場:東京ビッグサイト)で展示します。

(※1)LPWAとは、Low Power Wide Areaの略で、低消費電力で遠距離通信を実現する通信方式です。大きく分けて「アンライセンス方式」と「ライセンス方式」とに分かれており、ライセンス方式は無線局免許が必要となりますが、アンライセンス方式は通信を行う時に免許は不要です。ライセンス方式のLPWAは従来の携帯キャリアのように総務省から包括免許を取得して事業を運用する必要がありますが、無線局免許が不要なアンライセンス方式のLPWAは、個人や企業レベルで運用を行うことが可能となります。

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0481531_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。