プレスリリース

ネスレ日本とアクサ生命、パートナーシップ契約を締結

2018/5/28 15:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月28日

ネスレ日本とアクサ生命、パートナーシップ契約を締結

~「健康寿命延伸」と「健康経営」に関して~

ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長 兼 CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)とアクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、取締役代表執行役社長 兼 CEO:ニック・レーン、以下「アクサ生命」)は、2018年5月28日に「健康寿命延伸」と「健康経営」に関するパートナーシップ契約を締結しましたのでお知らせします。

本パートナーシップを通じて、両社は「健康」に関する知見を相互に共有し、日本の社会的課題の解決に向けて共同で取り組んでいきます。

【パートナーシップ契約の内容】

・「健康経営」(※1)の推進

 アクサ生命が顧客企業にご提案している健康経営推進の取り組みに、ネスレが保有する「食・栄養」に関する知見を加えることで、内容のより一層の充実を図ります。また、ネスレは本取り組みを通じて、ヘルスケアサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」プログラム(※2)を企業向けに提供する為のノウハウの蓄積を図ります。

・「健康」をテーマとした『オンラインプラットフォーム』の共同運営

 「ネスレ ウェルネス アンバサダー」プログラムを母体とした、お客さま一人ひとりに合った栄養・健康習慣のご提案と、将来のリスクに備えるための情報提供を目的とした『オンラインプラットフォーム』の構築に向けて協議を開始。さらに、医療や健康に関するデータ分析の専門性を有するアクサ生命の知見を活かして、プラットフォームから得られるお客さまのニーズや意識に関する情報を分析し、さらに卓越した価値をご提案できるような共同運営を目指します。

・保険商品やヘルスケアサービスの共同研究

 上記の取り組みなどによって得たデータの分析に基づき、「健康意識の高いお客さま」への保険商品やヘルスケアサービスの開発に向けた共同研究を進めていきます。

ネスレは、アクサ生命との提携を通じて、ネスレが運営するヘルスケアサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」プログラムに関する情報提供の機会を広げ、利用者拡大を目指します。そして、日本の社会的課題である「健康寿命延伸」に貢献していきます。

アクサ生命は、本提携を通じて、変化する社会環境により一層適応したソリューションのご提供をしてまいります。

そして、今後も常にお客さまに寄り添い、単に保険金や給付金をお支払いする「支払者(ペイヤ―)」から、お客さまのリスクを予防・軽減するアドバイスやサービスをご提供し、お客さまの健やかで幸せな人生をお守りする「パートナー」となることを目指します。

※1 「社員の健康を経営的な投資と捉え、健康促進に積極的に取り組む企業経営スタイル」のこと。アクサ生命は、2014年から健康経営を推進しており、「健康経営アドバイザー」資格を有する社員が企業の「健康経営」の実践をサポートしています。「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

※2 ネスレが2017年に開始したサービス。無料の食事分析や検査に基づいて、ネスレがお客様一人ひとりに応じた健康習慣を提案する、日本で独自に開発したサービスです。このサービスでは、コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」を無料で使用することができ、家庭や職場に「抹茶」や「ミルク」「スムージー」などで新しい健康習慣をお届けします。(専用サイト: https://nestle.jp/wellness-ambassador/

*以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480853_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]