プレスリリース

東大など、コバルトとパラジウムから成る薄膜界面にて磁化を膜垂直方向に揃える界面電子軌道の形を解明

2018/5/29 18:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月29日

コバルトとパラジウムから成る薄膜界面にて磁化を

膜垂直方向に揃える界面電子軌道の形が明らかに

-スピン軌道工学に道―

1.発表者:

岡林 潤(東京大学 大学院理学系研究科附属スペクトル化学研究センター 准教授)

三浦 良雄(物質材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点 独立研究者)

宗片比呂夫(東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授)

2.発表のポ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]