2018年8月16日(木)

プレスリリース

企業名|産業
大東建託建設・不動産

大東建託、自社オリジナル鋼管杭工法「DK-SSパイル」を初施工

2018/5/17 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月17日

大東建託オリジナル鋼管杭工法「DK-SSパイル」初施工

グループ会社の大東スチール株式会社が本社社屋建て替え工事で採用

【5月21日(月)より杭打設開始】

 

 大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美)は、当社オリジナル鋼管杭工法「DK-SSパイル」を用い、当社のグループ会社である大東スチール株式会社(本社:静岡県焼津市、代表取締役:小木曽誠)の本社社屋を建て替えることを決定しましたのでお知らせします。

 本工法は、2017年12月に発表されたもので、今回が初の施工例となります。本建て替え工事は、1991年に竣工した現社屋の耐震性向上を目的としたもので、建設地が本工法に適した地盤であり、通常の地盤改良工事と比べ工事費の軽減が見込めることから本工法を採用しました。

 なお、杭工事は、5月21日(月)から開始、竣工は2018年11月を予定しています。

■「DK-SSパイル」工法の概要

 本工法は、2013年に開発した「DK-Sパイル」工法の仕様を拡充したもので、安定した品質、大きな摩擦力、廃土の削減といった特徴を残しつつ、鋼管杭径と先端翼径のバリエーションを増やすことで、幅広い地盤に対応します。当社の都市部での受注拡大を技術面から支援するために開発され、主に狭小地に多い中層RC建物については、施工コストを抑えることでさらなる競争力強化を図っています。

 2017年9月に、国土交通大臣の認定を取得、2018年1月より本格運用を開始しており、これまで多くの受注相談をいただいています。

 ※グラフ資料は添付の関連資料を参照

【関連ニュースリリース】2017年12月6日配信

 大東建託オリジナル鋼管杭工法「DK-SSパイル」本格運用開始

  http://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2017/aqehc40000008a9b-att/dkss_1206.pdf

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480034_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480034_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報