2018年5月24日(木)

プレスリリース

NTTロジスコ、医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」を開始

2018/5/17 16:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月17日

医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」(※)の開始について

 

 株式会社NTTロジスコ(代表取締役社長:東明彦、本社:東京都大田区、以下「NTTロジスコ」)は、医療機器物流の3PL事業を運営するメディカルロジスティクスセンターにおいて、共同配送サービス「メディカルライナー」を開始しました。

1.背景

 メディカルロジスティクスセンターは、NTTロジスコが2002年から取り組んできた医療機器物流のノウハウを結集させ、医療機器物流のオペレーションを専門的に行う物流センターとして2017年10月に新設し、現在12社の医療機器メーカーの物流を取り扱っております。

 メディカルロジスティクスセンターで取り扱う製品の配送業務においては、物流業務ごとに適した配送会社を選定し、宅配便及び路線便等を利用して医療機器ディーラーや医療機関へ製品をお届けしています。医療機器の製品特性上、常に高い配送品質が求められていると共に、昨今は物流業界におけるドライバー不足に伴う運賃値上げ、集荷時間の前倒し等への対応も必要になってきております。

 NTTロジスコでは複数の医療機器メーカーのお届け先を分析したところ、お届け先が同一であったり、特定のエリア・方面に集中する傾向が明らかとなったため、前述の配送の課題を解決するために、複数の医療機器メーカーの製品を共同で配送する専用のルート便「メディカルライナー」を構築することと致しました。

2.「メディカルライナー」をご利用いただくメリット

 NTTロジスコの共同配送サービス「メディカルライナー」をご利用いただくことで、医療機器物流の配送において以下のメリットがあります。(医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」の概要)

 (1)配送コストの低減

  複数の医療機器メーカーのお届け先への効率的な配送ルートを組み、車両の積載効率を向上させることで低廉な配送サービスを実現します。

 (2)品質の向上と資材費の低減

  専用便を利用することで、宅配便や路線便等の配送の過程で生じる集荷店及び配達店での積み替え作業がなくなり、破損事故と仕分けミスの減少、納品時間の安定化等の配送品質の向上と共に、梱包の簡易化による資材費の低減が期待されます。

 (3)納品条件に柔軟な対応が可能

  教育訓練を受けた医療機器配送専門のドライバーによりお届け先に納品されるため、製品の特性に応じた納品仕様及び取扱注意事項等へ柔軟な対応が可能となります。

 (4)お届け先の作業負担軽減

  お届け先である医療機器ディーラーにおいても、複数の医療機器メーカーの製品が一括納品されることで、荷受け業務の作業負担が軽減することが期待されます。

 *以下は添付リリースを参照

 ※「メディカルライナー」はNTTロジスコより商標登録出願中です

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480028_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報