2018年10月18日(木)

プレスリリース

企業名|産業
セイコーエプソン電機

セイコーエプソン、次世代の消防救助用ウエアラブル機器「スマートマスク/スマートゴーグル」コンセプトモデルを共同開発

2018/5/17 16:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月17日

次世代の消防救助用ウエアラブル機器『スマートマスク/スマートゴーグル』コンセプトモデルを共同開発

-救助活動の見える化に、スマートグラス「モベリオBT-300」の技術を応用-

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、社長:碓井 稔、以下エプソン)は、一般財団法人日本消防設備安全センターが主催・運営する「G空間情報(※1)を利用した救助システム及び消防活動に関する検討会」に参画し、このたび、次世代の救助システム『STAR RESCUE SYSTEM(R)』の消防救助用ウエアラブル機器として、エプソンのスマートグラス「モベリオBT-300」の技術を応用した『スマートマスク』ならびに『スマートゴーグル』のコンセプトモデルを共同開発しました。

近年、都市構造の大型化、高層化あるいは深層化が進み、大規模で広大な空間を擁する地下街や商業施設などが増えています。また、超高齢化社会の進展により、潜在的な災害弱者も増加しています。このような環境下において消防力の強化は図られてきていますが、ひとたび大規模な建築物や地下街で火災などの災害が発生すると、その救助活動は困難を極めます。この喫緊の課題を解決するため、一般財団法人日本消防設備安全センターが核となり、総務省消防庁や全国の消防本部をはじめ、産官学の専門家や事業者が集まり、「G空間情報を利活用した救助システム及び消防活動に関する検討会」が立ち上げられ、2014年4月からその検討を開始しました。

本検討会では、最先端のG空間情報技術とICT技術を駆使し、災害発生と同時に高層建物や地下街などにいる逃げ遅れ者の迅速救助を目的に、屋内にいる人が持っているスマートフォンの位置検出を検討しました。また、災害時、閉鎖空間に発生する濃煙や停電で視界が妨げられる環境下で、効率的かつ、安全な消防活動が行えるよう、スマートグラスや赤外線カメラなど最新機器を活用して、周囲の状況や自分の状況が視認できる消防救助用マスク/ゴーグルの開発を進めてきました。そして、4年を超える検討・開発を経て、あたかも屋内を透視するように把握ができ、救助活動を飛躍的に向上させる、次世代の救助システム『STAR RESCUE SYSTEM(R)』のコンセプトモデルの製作に至りました。

※1:G空間情報:「空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報」または位置情報及び「位置情報に関連づけられた情報」からなる情報で「地理空間情報」と同義。「G」は「Geospatial(=地理空間の)」に由来。

■『STAR RESCUE SYSTEM(R)』 (See Through Augmented Reality RESCUE SYSTEM) とは

建物内や地下街などにセンサー(Beacon)を活用した「位置情報システム」を設置し、普段はお客様の誘導や道案内、広告など商用に使います。災害時はスマートフォンの位置情報を消防隊が利用することで、建物内に取り残された人数や場所などの情報を事前に把握します。また、救助活動にあたる隊員の位置や状況も把握でき、要救助者の位置を確認しながら組織的に迅速かつ効果的な救助活動を可能とします。これにより、国民の生命及び安全性に対する飛躍的な向上が期待されます。

*以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0480018_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報