2018年8月16日(木)

プレスリリース

企業名|産業
大庄商社・サービス

大庄、飲食店向けの食器・調理備品類販売で子会社「光寿」を設立

2018/5/16 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月16日

子会社の設立に関するお知らせ

 

 当社は、平成30 年5 月16 日開催の取締役会において、下記のとおり子会社を設立することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

 記

1.設立の理由

 株式会社光寿(こうじゅ)は、飲食店様向けの「食器および調理備品類の販売」を主要業務として取り組んでまいります。同社の強みは、全国主要な産地問屋や窯元様との強いネットワークを構築し、競争力あるオリジナル商品を数多く企画開発するなど、豊富な経験と専門的な知識や技術、運営ノウハウを兼ね備える点にあります。

 当社はこれまで、グループ店舗で使用する食器・調理備品類の仕入先は多岐に渡っておりましたが、当該業務を同社に集約化することで、当社のこだわりでもある「一流の板前が調理する手づくり料理」の一役を担う「食器や調理備品類」についても、今まで以上の品質を追求することにより、お客様の満足度をさらに高めてまいりたいと考えております。

 また、7月稼働予定の「新物流センター」においては、“飲食店のコンビニ機能をもったディストリビューター(供給業者)”として外部の一般飲食店様への「外販事業」の拡大を目指しておりますが、その一環として食器・調理備品類の販売提供も考えており、取扱量の拡大が見込まれるため、より一層スケールメリットを活かしたコストダウンも十分に期待できます。

 従いまして、同社を子会社化し、当社グループ店舗の品質向上やコスト効率化を実現することにより、企業価値向上を図ってまいります。

2.設立する子会社の概要

 (1)名称:株式会社光寿

 (2)所在地:東京都大田区東糀谷6-1-27

 (3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 門馬 光裕

 (4)事業内容:食器および調理備品類の販売

 (5)資本金:10百万円

 (6)設立年月日:平成30 年6 月14 日

 (7)決算期:8 月31 日

 (8)出資比率:当社80%、門馬光裕20%

3.今後の見通し

 当該子会社設立による平成30 年8月期の連結業績に与える影響は軽微であります。

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報