2019年5月26日(日)

プレスリリース

バッファロー、USB 3.1(Gen1)対応ポータブルHDDを発売

2018/5/16 14:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月16日

製品単体で故障予測を通知。

USBコネクターが破損しにくい新デザイン筐体のUSB 3.1(Gen1)対応ポータブルHDDを発売

メルコホールディングス(東・名6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下バッファロー)は、USB 3.1(Gen1)ポータブルHDD「HD-PCGU3-Aシリーズ」を発売します。カラーはブラック、ホワイトの2色、容量は500GB、1TB、2TB、3TBをラインナップ(3TBはブラックのみ)。ブラックは2018年6月上旬、ホワイトは2018年6月下旬より、順次販売を開始します。

本製品は、インターネット接続不要で内蔵されたハードディスクの故障予測を通知する機能「みまもり合図 for ポータブル」を搭載した新デザイン筐体採用のUSB 3.1(Gen1)ポータブルHDDです。「みまもり合図 for ポータブル」の搭載により、持ち出し先でも本体側面のLEDで故障予測を通知。突然の故障によるデータ消失のリスクを軽減します(※1)。また、筐体底部と内部に衝撃吸収力の高いTPU(熱可塑性ポリウレタン)を使用した衝撃吸収設計(特許出願済)を採用。設置時などにかかる本体への衝撃を和らげます。さらに、USBケーブルのグラつきを防いでコネクターへのストレスを軽減するコネクター保護設計(実用新案出願済)を採用し、コネクター部分の故障リスクを減らします。

また、従来よりバッファロー製外付けハードディスク製品向けに提供しているクラウドを利用した故障予測サービス「みまもり合図」にも対応。クライアントソフトウェアをインストールしたWindows・Mac環境においてパソコン画面上で通知・サポートを受けることも可能です。

万一の故障によってデータへアクセス不能となった場合でも「バッファロー正規データ復旧サービス」が対応。保証期間内の場合、軽度の論理障害であれば無償でデータ復旧します(※2)。保証期間外の障害や重度の障害でも、障害レベルに応じた固定料金で対応します(※3)。

本製品は、テレビ・レコーダーの録画用途やPlayStation(R)4/PlayStation(R)4 Pro、PlayStation(R)3(※4)、Xbox One(R)/Xbox One(R) Sの増設HDDとしても使用可能です(※5)。また、同時発表のポータブルHDD用テレビ背面取付キット「OP-HDP-TVK3」(別売)の併用で、AVラックなどの設置スペースを必要とせずにテレビ背面への取り付けが可能になり、テレビ周りの見た目を損ねずに取り付けできます。

※1 電子部品の不良など突然起こる故障を保証するものではありません。また、S.M.A.R.T.情報の精度等により、故障予測は100%保証するものではありません。

※2 事前のユーザー登録が必要です。

※3 重度・論理障害および中度~重度物理障害は別途見積り。

※4 PlayStation(R)3は2TBモデルまで対応。

※5 当社における動作確認であり、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントおよび米国 Microsoft Corporationおよびその関連会社が動作保証するものではありません。

*以下は添付リリースを参照

※PlayStationは株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。また、PlayStation 4は、同社の商品です。

※Xbox Oneは米国 Microsoft Corporationおよびその関連会社の商標です。

●ユーザー様のお問い合わせ先

バッファローお得マガジン「ハロー!バッファロー」

製品に関するお問い合わせ(ハローバッファロー) http://86886.jp

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479835_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報