2018年9月23日(日)

プレスリリース

シー・シー・ピー、カメラ付き超小型トイドローン「ラジオコントロール『プログラミングテトラル』」を発売

2018/5/10 12:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月10日

スマホやタブレットで入力した“プログラミング”通りに自動飛行!

トイドローン初の光学補正で超安定飛行・カメラも付属!

ラジオコントロール『プログラミングテトラル』

2018年5月25日(金)発売

 

 株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(代表取締役社長:宮嶋雅夫、本社:東京都台東区)は、スマートフォンやタブレットで入力した“プログラミング”通りに自動飛行させることができるカメラ付き超小型トイドローン、ラジオコントロール『プログラミングテトラル』(14,580円・税8%込/13,500円・税抜)を2018年5月25日(金)に発売します。

 本商品は、コントローラーを使って自由自在な空中飛行を楽しめるのはもちろん、スマートフォンを使用した、「ビジュアルプログラミングモード」、「なぞってプログラミング機能」の2つのプログラミング飛行機能も楽しめます。

 コントローラーにスマートフォンをセットし、レバー操縦なしで“プログラミング”した通りに飛ばすことができ、親子や友だち同士での日常生活の遊びの中で、初歩的なプログラミングを体験できます。

 また、本体に搭載した気圧センサーと、トイドローンでは初めてとなる光学補正機能が、高度調整だけでなく横ブレの補正をも自動で行うため、飛行の安定度が高く初心者でも簡単に操縦をすることができます。

■ラジオコントロール『プログラミングテトラル』(14,580円・税8%込/13,500円・税抜)、5月25日(金)発売

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【主な機能】

 ■「ビジュアルプログラミングモード(※)」・・・旋回・S字カーブ・宙返りなど15種の動作の中から好きな動きを組み合わせてアイコンをタップするだけで、選択した通りに自動で飛行するモードです。

  ※「ビジュアルプログラミングモード」使用時にはカメラは使用できません。

 ■「なぞってプログラミング機能」・・・スマートフォンの画面に、指で飛行したい航路をなぞるだけで、その軌道に沿って動かすことができる機能です。

 ■「カメラ機能」・・・本体にカメラを搭載しており、通常飛行モードでは離陸・着陸・上昇・下降・宙返りなどのアクションを楽しみながら空中での撮影(動画・写真)ができます。撮影した動画や写真は、専用の無料アプリをダウンロードすることで、お手持ちのスマートフォンやタブレットでリアルタイムに見たり、記録して再生したりすることができます。また、アプリをVRモードに切り替え、市販のVRゴーグルを使用すると、リアルタイムで自分が空を飛んでいるようなFPV(First Person View(ファースト パーソン ビュー))を楽しむこともできます。

 ■「自撮りサポート機能」・・・飛行中、カメラがコントローラーを持った撮影者の方向を向き、自撮りをサポートします。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479253_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479253_02.pdf

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報