2018年12月11日(火)

プレスリリース

企業名|産業
サカタのタネ食品

サカタのタネ、ホウレンソウの新シリーズ「ドンキー」「ゴードン」「ハイドン」3品種の種子を発売

2018/5/9 14:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月9日

ホウレンソウのシェア拡大へ、新シリーズの種子を発売

作業性・収量性に優れた『ドンキー』『ゴードン』『ハイドン』の3品種

※商品画像は添付の関連資料を参照

サカタのタネは、作業性・収量性に優れたホウレンソウの新シリーズ「ドンドン」シリーズを発表し、『ドンキー』『ゴードン』『ハイドン』3品種の種子(=写真はドンキー=)を2018年7月上旬から全国の種苗店・JAルートを通じて順次販売を開始します。

昨今、高齢化や人口減少に伴い人手の確保が難しさを増しており、ホウレンソウなどの葉物野菜では、収穫・調製・袋詰めなどの作業効率がよく、収益性の高い品種が求められています。同シリーズは、立ち性で収穫時に葉が絡みにくく、下葉の処理がしやすいため作業性が高い品種です。また、株ががっちりとよく育ち、葉枚数が多く、葉軸が折れにくいので出荷ロスが軽減でき、高い収量性が期待できます。

本シリーズは、「ドンドン」と採れて、作業が「ドンドン」と進み、はかどることから「ドンドン」シリーズと命名しました。

『ドンキー』は、秋~早春まき品種で汎用(はんよう)性が高く、ハウスや露地栽培でも生育が安定します。耐寒性が高く、厳寒期の寒害による品質低下が起こりにくい品種です。

『ゴードン』は、秋~冬まき品種で比較的低温伸長性があり、近年の不安定な温度変化に影響を受けにくく、暖冬でも株が伸び過ぎず、寒くても生育が止まらないので高品質な青果の出荷が期待できます。

『ハイドン』は、早春・秋まき品種で春先の不安定な気候でも生育が安定しており、気温が上昇しても徒長せず、がっちりとした株に育ち、在圃性に優れた品種です。

※以下は添付リリースを参照

●読者や視聴者の方のお問い合わせ先:

野菜統括部

電話 045-945-8802

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479135_01.jpg

商品画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479135_02.jpg

商品画像(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479135_03.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479135_04.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報