2019年7月22日(月)

プレスリリース

文化シヤッター、止水ドア「アクアード・両開きステンレスタイプ」を発売

2018/5/8 15:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月8日

浸水高さ0.5mまでの低水位から3mの高水位まで高い止水性能を発揮

止水ドア「アクアード・両開きステンレスタイプ」を新発売

文化シヤッター株式会社(社長:潮崎 敏彦)は、オフィスビルや商業施設などの通用口の浸水対策として販売しています止水ドア「アクアード」に、広い間口を確保できると同時に、錆びにくく高い意匠性を発揮することから、主に港湾施設やオフィスビルの機械室やサーバー室の出入り口に適した「両開きステンレスタイプ」を追加し、5月10日より新発売します。

■「両開きステンレスタイプ」をラインナップに追加

これまで「アクアード」は、「スチールタイプ」のみ"両開き(親子開き)仕様"を設定していましたが、このたび「ステンレスタイプ」についても"両開き(親子開き)仕様"を追加設定したことで、(1)機械室やサーバー室など設備の搬出入時に広い開口が求められる開口部に適し、(2)ステンレスの特色である"錆びにくく高い意匠性"を発揮する、2点の特徴を両立した、主に港湾施設やオフィスビルに適した浸水防止用設備となっています。

*参考画像(1)は添付の関連資料を参照

■"浸水高さ0.5mまでの低水位から3mの高水位に耐えられる独自構造"

(1)扉の屋内外両面に設けた「止水グレモン」の操作により、「二軸丁番」の動きと連動して扉が枠に密着、(2)「止水グレモン」「止水レバーハンドル錠」が扉との接合部や鍵穴の隙間からの漏水を防止、(3)枠に一般的なエアタイトゴムと「止水ゴム」の2重構造を採用、の独自構造により、水圧荷重の小さい50cmまでの低水位から、水圧荷重の大きいドア全体が水没する3mの高水位まで、屋内側への漏水量は20L/(h・m2)(※)以下となっています。

特に、水圧荷重の小さい床面から10cm、20cm、30cm、40cm、50cmの各低水位の時、扉の下部に設けた「止水グレモン」(特許出願済み)によって扉と枠が密着する独自の構造により、漏水量が限りなくゼロに近い高い止水性能を発揮します。

※漏水量20L/(h・m2)は間口2.4m、高さ2.4mの場合。

なお、当データは実験値であり保証値ではありません。

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

*グラフ資料は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

<この商品に関するお問い合わせ先>

文化シヤッター株式会社

お客様相談室

TEL 03-5844-7111

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479008_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479008_02.jpg

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479008_03.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479008_04.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。