/

NTTデータなど、タイでRPAソリューション「Office Robot」を提供開始

発表日:2018年5月1日

タイにて RPA ソリューション Office Robot 提供開始

~RPA 導入効果を最大限に引き出し、業務最適化を一貫支援~

C.S.I.(Thailand)Co.,Ltd.(本社:タイ・バンコク、CEO:宮内英三、以下 CSI)、NTT DATA(Thailand)Co.,Ltd.(本社:タイ・バンコク、President and CEO:佐谷淳、以下 NTT DATA Thailand)、株式会社クニエ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木真也、以下 クニエ)の 3 社は協業し、タイにて RPA(Robotic Process Automation)ソリューション Office Robot の提供を開始しました。

Office Robot(日本における名称「Winactor(R)」)は、Windows 端末から操作可能な、あらゆるアプリケーションの操作を自動化するソフトウエア型ロボットです。Office Robot を導入することにより、作業時間の短縮・入力ミスの軽減を実現するとともに、業務負荷を分散することで、より高度な業務にリソースを移行することが可能となります。

3 社が協業することで、適用業務の分析をはじめとした業務プロセス改革実現に向けた導入効果最大化の支援から、運用後の現地スタッフによるタイ語でのサポートまで提供します。

3 社は Office Robot 活用による業務改善・効率化を支援し、タイにおける日系企業や現地企業の発展に寄与します。

【背景】

労働人口不足問題の解消や働き方改革などを目的とし、日本ではオフィスでのデスクワークを自動化・効率化する RPA ソリューションの普及・浸透が急速に進んでいます。中でもWinActor は、プログラミング知識が不要で完全日本語対応であることから国内シェア No.1 となっています。そのような中、日系企業が多く進出するタイ国内でも、RPAソリューションは注目が高まっていました。その一方、RPA は一度導入して終わりというわけではなく、激しいビジネス環境の変動に対応する最適な業務プロセスに合わせていく必要があり、タイで RPA を導入する際にも現地での現地語対応も含めたスムースなサポートが求められています。

またこれまでは、タイ人労働者の人件費が安価であったため、人海戦術で業務をオペレーションすることができたことで、自動化の検討は遅れがちとなっていました。しかしながらタイにおける昨今の人件費高騰の傾向や、かねてからの人的ミス解消のニーズにより、RPA 導入の要望がますます高まってきました。

そこでこのたび 3 社は、WinActor 英語版である Office Robot について、英語が第二言語であるタイにおける導入が円滑となり、かつ導入効果が最大限に発揮できるよう、導入支援から運用までを協業し提供することとしました。

※以下は添付リリースを参照

*「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT 株式会社の登録商標です。

*本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0478674_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン