プレスリリース

東北大・徳島大・東京医科歯科大など、口腔がんに対する新規分子標的薬を開発

2018/4/28 1:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月28日

口腔がんに対する新規分子標的薬の開発

-革新的抗体作製技術の応用-

・ヒト口腔がん組織に、ポドカリキシンという糖タンパク質が高発現していることを確認した。

・独自の抗体作製技術により、治療効果の高い抗体を作製した。

・開発した抗体は、ヒト口腔がん組織を移植したマウスモデルにおいて高い治療効果を発揮した。

【概要】

東北大学未来科学技術共同研究センター/東北大学大学院医学系研究科抗体創薬研究分野の加藤 幸成(かとう ゆきなり)教授、東北大学大学院医学系研究科抗体創薬共同研究講座の金子 美華(かねこ みか)准教授、山田 慎二(やまだしんじ)助教の研究グループは、公益財団法人微生物化学研究会の川田 学(かわだ まなぶ)部長、大石 智一(おおいし ともかず)研究員の研究グループ、徳島大学大学院医歯薬学研究部の西岡 安彦(にしおか やすひこ)教授、阿部 真治(あべ しんじ)助教の研究グループ、東京医科歯科大学顎口腔外科学の原田浩之(はらだ ひろゆき)教授、板井 俊介(いたい しゅんすけ)歯科医師の研究グループと共同で、ヒト口腔がん細胞に高発現する糖タンパク質のポドカリキシンに対して、がんの増殖を抑制する抗体を作製することに成功しました。

本研究成果は、2018年4月27日(米国東部時間、日本時間4月28日)米国科学誌 Oncotarget(オンコターゲット)に掲載されます。本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業によって支援されました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0478485_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]