2018年7月20日(金)

プレスリリース

ハーマンインターナショナル、Google アシスタント搭載のJBL据え置き型スマートスピーカーを発売

2018/4/17 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月17日

Google アシスタント搭載

JBLの本格的なサウンドが楽しめる据え置き型スマートスピーカー

「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」

4月28日より新登場

 

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」からGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカー「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」を2018年4月28日(土)に発売いたします。

 今回発売する「JBL LINK 300(リンク 300)」「JBL LINK 500(リンク 500)」は、Googleが開発する「Google アシスタント」を搭載した据え置き型のスマートスピーカーです。JBLが展開するポータブルスマートスピーカー「JBL LINK 10」「JBL LINK 20」の同じシリーズで、さらに本格的に音楽をお楽しみいただけるモデルが誕生いたしました。

 「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」は、高音域に20mm径ツイーターと中低音域に89mm径ウーファーを搭載した「2ウェイシステム」と、低音を増強するパッシブラジエーターの構成により、パワフルで迫力のあるサウンドをお楽しみいただけるスピーカーです。さらに「JBL LINK 500」は、同ユニットを2ペア搭載しており、ステレオ再生が楽しめます。

 さらに、LINKシリーズは、Googleアシスタントの搭載により、スピーカーに向かって「OK、Google」と話しかけるだけで、天気やレシピ、交通状況等知りたいことを調べられる他、動画再生等、やりたい事をサポートします。また、360度どこからでもボイスコントロールが可能なラウンドデザインにより、部屋のどこからでもご使用いただきやすい設計となっています。

 また、Chromecast built-in搭載スピーカーのため、SpotifyやGoogle Play Musicなどお気に入りのミュージックサービスをスマートホンなどから音楽再生をすることが可能です。Wi-Fiを経由して音楽を再生するため、24bit/96kHzの高音質サウンドが楽しむことができます。さらに、Spotify Connectに対応しているためスマートホンやタブレットを使わず、本体の再生ボタンをワンタッチするだけで、再生していたSpotifyのプレイリストをすぐに聴くことが可能です。加えて、Bluetooth接続にも対応していますので、Bluetoothスピーカーとして音楽を再生することもできます。

 「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」でGoogleアシスタントの利便性に加え、迫力のある本格サウンドを日常でもお楽しみください。

 ※以下は添付リリースを参照

 

◆お客様のお問い合わせ先

 ハーマンインターナショナル株式会社

 Tel: 0570-550-465

 http://www.harman-japan.co.jp/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477526_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477526_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報