2018年7月18日(水)

プレスリリース

企業名|産業
イオン流通・外食

イオンリテール、京都府福知山市のご当地WAON「福知山城 WAON」を発行

2018/4/17 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月17日

続日本100名城選定の“福知山城”を支援する

ご当地WAON「福知山城 WAON」が誕生

 

 イオンリテール株式会社(代表取締役社長:岡崎双一)と京都府福知山市(市長:大橋 一夫/以下、福知山市)は、福知山城など観光施設の支援や地域の活性化を目的としたご当地WAONの発行について合意し、福知山市のご当地WAON「福知山城WAON」を4月20日(金)に発行します。

 カード券面には、天正7(1579)年、丹波を平定した明智光秀が築城した福知山城をデザインしています。福知山城は、明治のはじめに取り壊され、石垣と銅門番所だけが残っていましたが、昭和61年に福知山市民の瓦1枚運動などの熱意によって三層四階の天守閣が復元されました。望楼からの城下の眺めは抜群で、まちのシンボルとして市民に親しまれています。

 「ご当地WAON」は、イオンの電子マネー「WAON」の一種で、地域社会に貢献するという企業理念に基づき2009年から発行を開始しました。当該WAONの利用金額の一部をイオンが自治体やNPO法人などに寄付し、地域の環境保全や観光振興などにお役立ていただいています。寄付つきの「ご当地WAON」は今回の「福知山城WAON」で139種類となります。

 「福知山城WAON」を全国約38万7千箇所のWAON加盟店でご利用いただくと、ご利用金額の一部をイオンが福知山市に寄付し、福知山城など観光施設の支援や地域の活性化にお役立ていただく予定です。

 本発行を機に、これまで以上に福知山市の発展に寄与できるよう、グループを挙げて取り組んでまいります。

■「福知山城 WAON」のデザイン

 *参考画像は添付の関連資料を参照

<ご参考>

【「福知山城 WAON」の概要】

 ・販売:2018年4月20日(金)開始

 ・販売場所:近畿エリアの総合スーパー「イオン」約100店舗にて販売を開始し、順次全国のイオン店舗で販売いたします。

 ・販売目標:3万枚

 ・発行手数料:1枚300円(税込)

 ・チャージ可能金額:上限5万円(1回あたりのチャージ金額の上限は4万9,000円)

 ・ポイント特典:ご利用金額200円(税込)ごとに1WAONポイント貯まります。WAONポイントをWAON(電子マネー)に交換すると、1ポイント=1円相当で使うことができます。

 ・寄付について:「福知山城WAON」ご利用金額の一部をイオンより福知山市に寄付し、福知山城など観光施設の支援や地域の活性化にお役立ていただく予定です。

【WAONの概要】

 ・累計発行枚数:約7,010万枚(2018年3月末現在)

 ・利用可能箇所:

  約38万7,000箇所(2018年3月末現在)

  ※うち自動販売機・宅配便ドライバー端末 約22万2,000箇所

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477515_01.JPG

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報