2019年7月22日(月)

プレスリリース

STマイクロ、AmazonAlexaをネットワーク接続機器に実装するSTM32マイコン用ソフトウェア・パッケージを発表

2018/4/17 10:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月17日

STマイクロエレクトロニクス、

Amazon社のAlexaをネットワーク接続機器に実装する

STM32マイコン用ソフトウェア・パッケージを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Amazon社のAlexa Voice Service(AVS)をSTM32(*)マイクロコントローラ(マイコン)上で動作させるためのソフトウェア・パッケージX-CUBE-AVSを発表しました。

このソフトウェア・パッケージにより、スマート家電、ホーム・オートメーション機器、オフィス用機器などのネットワーク接続機器が、クラウド経由の人工知能に基づく自動音声認識のほか、自然言語の処理を実現することができます。

STM32Cubeソフトウェアの拡張パッケージであるX-CUBE-AVSには、すぐに使用できるソフトウェア・ライブラリが付属しており、マイコンへの迅速な移植が可能です。また、アプリケーション・サンプルが含まれているため、組込みシステムでAVSを動作させるための複雑なソフトウェアが不要です。通常、AVSの開発には消費電力が大きく、高価なマイクロプロセッサが使用されますが、マイコンに特化した初のソフトウェア・パッケージであるX-CUBE-AVSにより、幅広い製品の開発においてAlexa技術を利用することが可能です。

このソフトウェア・パッケージは、アプリケーション・サンプルを搭載し、AVSサーバとの接続やペリフェラル・ドライバの制御が可能です。そのほか、AVSプロトコルのインタフェースとして機能するため、アプリケーションの実装を容易に実現します。通信が遮断された場合も、ユーザ認証が不要で、すぐに再接続できる機能が搭載されています。また、ソフトウェアの耐久性試験用ハーネスが提供されているため、堅牢性の試験やユーザ・アプリケーションの検証を容易にするネットワークの断線事象シミュレーションが可能です。

X-CUBE-AVSに付属のソフトウェア・ライブラリは、STM32F769 Discovery Kit(32F769IDISCOVERY)に最適化されているため、このソフトウェアに含まれるBoard Support Package(BSP)を活用することで、スマート・スピーカにAVSを接続するデモが実施できます。また、X-CUBE-AVSは、その他のSTM32F7マイコンのほか、AVS SDKの動作に適したCPU性能とメモリを備えた任意のSTM32マイコン上で使用することもできます。

現在、X-CUBE-AVSは、 http://www.st.com/x-cube-avs より無償でダウンロードできます。

(*)STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび/またはその他の地域における関連会社の登録商標および/または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

■STマイクロエレクトロニクスについて

STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

※参考画像は添付の関連資料を参照

◆お客様お問い合わせ先

〒108-6017 東京都港区港南2-15-1

品川インターシティA棟

STマイクロエレクトロニクス(株)

マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ

TEL:03-5783-8240

FAX:03-5783-8216

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477397_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。