2018年4月25日(水)

プレスリリース

藤崎、キーウェアソリューションズが提供する「RPA導入支援サービス」を活用し後方業務にRPAを導入

2018/4/16 17:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月16日

東北を代表する百貨店 株式会社藤崎、

「働き方改革」実現に向けRPAの運用を開始

 

 株式会社藤崎(所在地:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:藤崎 三郎助、以下 藤崎)は、働き方改革の取り組みの一環として、キーウェアソリューションズ株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役社長:三田 昌弘、以下 キーウェア)が提供する「RPA導入支援サービス」を活用し、後方業務にRPAを導入しました。お中元・お歳暮時期の商品マスタ登録業務の約9割の自動化を見込んでいます。

 藤崎は、働き方改革の実現に向けて、生産性の向上や人的資産の高付加価値業務へのシフトに取り組んでいます。その一環として、今回、キーウェアが提供する「RPA導入支援サービス」を活用し、お中元・お歳暮時期の商品マスタ登録業務にRPA(※)を導入、約9割の自動化を実現します。具体的には、本年度、お中元・お歳暮時期に3人で手作業にて実施していた商品情報の登録作業および通信販売のご注文処理を1台の端末による自動化を実施することで、3人×20日分の業務量が軽減されると予測されます。

 藤崎では今後も資料作成や管理業務の支援などコーポレート部門への適用拡大を順次進め、社内の働き方改革を加速していく予定です。

 キーウェアが提供する「RPA導入支援サービス」は、お客様の業務やニーズを理解したうえで、現業務の棚卸、RPA適用業務の選定、RPA検証ロボット作成、効果検証など、RPAロボットの導入をトータルで支援するサービスです。

 キーウェアは今後も「RPA導入支援サービス」を積極的に展開し、お客様の業務効率化と品質向上を支援することで、企業の働き方改革の実現に貢献してまいります。

 (※)RPAツールはNEC Software Robot Solutionを採用

【RPA導入支援サービスについて】

 https://www.keyware.co.jp/products_solution/search/rpa/rpa.html

【RPA(Robotic Process Automation)とは】

 人が行っている定型的な業務をソフトウェアロボットに代行させ、データ入力や集計を自動化すること。

 注) 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報