2018年12月19日(水)

プレスリリース

企業名|産業
サンケン電気電機

サンケン電気、インドネシア共和国におけるUPS(無停電電源装置)製造販売事業を開始

2018/4/16 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月16日

インドネシア共和国における

UPS(無停電電源装置)製造販売事業の開始について

- 現地企業との提携に基づき技術指導・部品活用・販売網アクセス獲得 -

- 唯一の「メイド・イン・インドネシア」のUPSとして、インドネシアにて全国展開 -

サンケン電気株式会社(本社:埼玉県新座市。社長:和田節。以下、「サンケン電気」と称します。)は、インドネシアの現地法人サンケンインドネシアを通じて、現地の有力企業スカイ・エナジー・インドネシア社と提携関係を樹立し、「メイド・イン・インドネシア」のUPS(無停電電源装置)を、インドネシアにおいて全国展開することとなりましたので、お知らせします。

本日4月16日に提携趣意書に調印したパートナーであるスカイ・エナジー・インドネシア社は太陽光パネル関連の販売ネットワークに強みをもつ会社で、インドネシア最大の国産バッテリー・メーカーであるニプレス社のグループ企業であります。

今回の新ビジネスの特徴としては、(1)インドネシアの現地企業と提携して、(2)現地で生産された部品やバッテリーを活用し、(3)サンケン電気のインドネシア製造子会社にて設計、生産を行ったUPSを、(4)提携先のネットワークを活用してインドネシア国内で販売する、と言う構成および役割分担となっています。

今回の提携関係の対象となるUPSは、サンケン電気が日本国内で生産販売している「SMUシリーズ(*)」で、これをサンケンインドネシアにて、まず約20名の人員を投入して、今年度中に生産立ち上げを行い、順次、生産数量を引き上げて行く予定です。3年後の2020年度においてはインドネシアでの年間売上高10億円を目標としています。

*SMUシリーズは、サンケン電気におけるUPS製品の売上合計が年間約50億円ある中で、その約15%を占める主力商品です。

インドネシアでは経済の高度化やビジネスのIT化進展に伴い、それらのビジネス基盤としてのUPSに対する需要が拡大傾向を強めてきております。UPSの市場規模は同国経済全体の成長率5%前後を上回る、年率約10%で成長してきており、2017年で約150億円に達しています。そのようなUPS市場の中でも、特に一般オフィスや小規模データセンター等の用途については、更に一段と高い需要の伸びが期待されています。

以上のようなインドネシアにおけるUPSのビジネス環境を踏まえ、従来からUPSの設計、生産、販売、保守において日本国内で高い評価を得ているサンケン電気が、ニプレス社ならびにスカイ・エナジー・インドネシア社と提携して、UPS用バッテリーの供給を受けるとともに、販売チャネルへのアクセスを得て、ビジネス展開を開始することとしました。

インドネシアでは従来から、欧米のメーカーが中国等で生産したUPSを輸入販売してきていましたが、需要の高まりの中でインドネシア国産UPSの登場に期待が高まっていたことから、サンケン電気がインドネシアの現地法人で、現地企業の協力を得て設計から始めて生産、検査までを担う仕組みを構築するとともに、現地市場の特徴に合わせたマーケティングと販売を強化しようとするもので、ここで生産されたUPSは初めての「メイド・イン・インドネシア」製品の販売となります。

今回のビジネス展開の最大のメリットは、日本で培った高品質の「モノづくり」をインドネシアに移植し、リーズナブルな価格で提供することです。高い基本性能を持ち確かな運用実績を誇る製品に、現地生産の部品およびバッテリーを組み込むことにより低価格を実現し、厳格に品質管理の施された工程で生産することにより、信頼性の高い製品を提供することが出来ます。競合先の提供する同等性能のUPSと比べ、価格面,品質面での明確な差別化が図れるものと見込んでおります。

今回の販売対象となる「SMUシリーズ」は、その特徴として、(1)低騒音であること、(2)効率が高いこと、(3)出力の安定性が極めて高いこと、が挙げられます。インドネシアではこれらの特徴を生かして、主に一般オフィスのバックアップ用や工場の生産ラインにある製造設備などに向けて販売を計画しています。

なお、この度の提携により、サンケンインドネシアで製造した「SMUシリーズ」は、スカイ・エナジー・インドネシア社がインドネシア国内における総代理店として、「JSKYE」ブラントにて販売を行う予定です。

その後の第二ステップとしては、サンケンインドネシアが、インドネシアの理工系大学との連携を深め、UPS専任エンジニアを現地のナショナル・スタッフとして採用し育成を図るなど、設計段階からのインドネシア現地化を促進し、更には保守サービスに携わるスタッフの充実なども図ってまいります。

更に、サンケン電気では今後の更なる関連・派生ビジネスとして、太陽光発電システムに係るパワーコンディショナー(電力変換装置)のインドネシアにおける製造・販売についても視野に入れ、ビジネスとしてのフィージビリティーの検討を積極化させて行きます。

※参考資料・参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477385_02.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477385_03.jpg

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477385_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報