2018年4月25日(水)

プレスリリース

京急電鉄、日ノ出町~黄金町駅間の高架下スペースにタイニーハウスを活用した複合施設がオープン

2018/4/16 16:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月16日

日ノ出町~黄金町駅間の高架下スペースにタイニーハウスを活用した複合施設

2018年4月28日(土)「Tinys Yokohama Hinodecho」がオープン

多様なライフスタイルの人々が集う交流拠点が誕生!横浜の新たな魅力を発信していきます!

 

 京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下 京急電鉄)は、YADOKARI株式会社との連携のもと、日ノ出町~黄金町駅間の高架下に、タイニーハウスを活用した(1)ホステル、(2)カフェラウンジ、(3)水上アクティビティー拠点から構成される複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ横浜日ノ出町)」を2018年4月28日(土)に開業いたします。

 (1)Tinys Hostel(タイニーズホステル)は日本初の高架下タイニーハウスホステルであり、「DISCOVERY(発見)」、「WONDER(驚き)」、「SILENCE(静寂)」、コンセプトの異なる3室のお部屋をご用意しております。また、家族や友人同士で楽しむ「1室貸し切り」、旅行者との交流を深めるのにおすすめな「ドミトリー(男女別)」の2つの宿泊タイプから選ぶことができます。

 (2)Tinys Living Hub(タイニーズリビング ハブ)はオリジナルのラクレットチーズを使ったハンバーガーや地元横浜のクラフトビールなどが楽しめるカフェラウンジとなっており、さらには、周辺エリアの魅力を発信するイベントから映画祭まで、住まい方、働き方、食および地域などさまざまなライフスタイルに関連したイベントも多数開催していきます。

 (3)Paddlers+(パドラーズプラス)は近年SUPなどの水上アクティビティーが盛んになっている大岡川に面した立地を活かし、シャワーや更衣室を完備した利便施設となります。また、横浜SUP倶楽部が運営する「横浜SUPステーション」や一般社団法人水辺荘の艇庫も併設され、各種SUPプログラムなども行っていく予定です。

 これまで京急電鉄では、日ノ出町・黄金町エリアにおいて、地域住民・行政・警察と連携し、「アートによるまちづくり」を推進してまいりました。このたび、アメリカ発祥の“タイニーハウス(小さな住まい)”のメディア運営などを手がけるYADOKARI株式会社との連携により、これまでの高架下のイメージに捉われない、目新しく、思わず訪れたくなるような空間を創り出し、さらなる賑わいを創出することで同エリアの活性化を図ってまいります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※別紙は添付の関連資料を参照

以上

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477372_01.JPG

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477372_02.pdf

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報